2020年 11月 28日 (土)

<なつぞら>(第29話・5月3日放送)
やっと兄ちゃんに会えた!なつの好物の天丼を注文して、「ずっと腹いっぱい食べさせたかったんだ」

どうする老後2000万円問題!?保険で備える老後資金!

   佐々岡信哉(工藤阿須加)連れられて訪れた東京・浅草のストリップ劇場「六区館」で、なつ(広瀬すず)は9年ぶりに兄・咲太郎(岡田将生)との再会を果たした。咲太朗は幕間の芝居の手伝いをしたり、タップを踏みながら歌を歌ったりしていた。

   「お兄ちゃん!」

   「......なつか?」

   舞台のスポットライトの中で2人はひしと抱き合った。

   咲太郎はなつと富士子(松嶋菜々子)、信哉を大衆食堂に連れて行く。なつから「北海道に行ってからは、本当によくしてもらったよ。ずっと幸せだった」と聞き、咲太郎は「ありがとうございました」と富士子に深々と頭を下げる。 天丼が4つ届いた。「なつ、ここの天丼は美味しいんだぞ。天丼、好きだったろ」「え、私が?」

   驚くなつに、咲太郎は「親父がよく作ってくれたんだよ。いつか、その天丼を腹いっぱいお前が食べたいっていうから、どうやって腹いっぱい食べさせてやれるか毎日考えていたな」と振り返り、天丼をかき込んだ。

   ひと口食べて頬がゆるんだなつに、咲太郎は声を潜めて言った。「親父のはこんなもんじゃなかった。あれに比べたらこれは安物だ。親父は日本一の料理人だったからな」

咲太郎は何か複雑な事情を抱えているようだ

   なつは「今度は千遥に会いたい」と訴えた。しかし、咲太郎も居場所を知らなかった。千遥は二人の妹で、預かった親戚の家族はいつの間にか千葉に越してしまったらしい。「それでも探したい」となつは声を強める。

   なつたちが新宿のレストラン「川村屋」のマダム・前島光子(比嘉愛未)に世話になっていると聞くと、咲太郎の顔色が変わった。なつも気づいたが、再会したばかりで、深い話を聞くのはためらわれた。咲太郎は「あす、川村屋のマダムにお礼に行く」と約束して劇場に帰っていった。

   その楽屋で、咲太郎は役者の松井に土下座をして頼んでいた。「10万円貸してください」

   10万円といえば、家が建つほどの大金だ。最初は驚いていた松井だが、博打で勝った戦利品だと時計を渡した。咲太郎は、なにか複雑な事情を抱えているらしい。(NHK総合あさ8時放送)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CAST テレビウォッチ
アクセスランキング
  1. 菅義偉は疲労の極に達している。主な要因はコロナ対策と経済回復を同時にやろうとする菅を忖度しない尾身茂分科会会長だ。官邸スタッフは「政府の組織なのだからこっちの意向に沿って発言しろ、と。ところが尾身さんは無視して危機を訴える。総理は怒っていますが、下手に圧力をかければ学術会議の二の舞になるのでイライラが募っている」という
  2. 学校の健康診断で「上半身裸」になることが問題に!医師は3つの理由があるというが、立川志らくは「裸のまま移動する必要あるの?」
  3. 「エール」最終回コンサートに感動の渦!「本物の紅白でもやってほしい」「みなさん歌が上手でビックリ」「岩城さんのイヨマンテ、マジ凄すぎる」
  4. <エール>(最終回・11月27日金曜放送)
    まるでカーテンコール! 「エール」の人気キャラクター勢ぞろいでコンサート。紅白歌合戦さながら特別編のプレゼント
  5. 安倍晋三の「桜を見る会」事件が永田町を震撼させている。東京地検特捜部が安倍の事情聴取に踏み込むのか、特捜部にその"覚悟"があるのかに注目が集まる。しかし、ポストによると同じ疑惑の構図が菅義偉にもあるという。官房長官時代に毎年横浜のホテルで開いていた「菅の春の集い」がそれだ。
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中