2019年 11月 22日 (金)

前天皇退位の中継、スタジオに侍るコメンテーターには違和感
<天皇陛下きょう退位 国民への最後のおことば>(NHK総合)

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   何が驚いたといって、この局のエースの武田真一アナの隣に、見かけない厚化粧の美女がいたこと。普通、このような国家的報道番組に出るのは局のアナウンサーと決まっているのに、なんで美人が侍っているのだ!とびっくりしていたら、なんとなんとこの美女は朝のニュースでMCをやっている、あの和久田麻由子アナだった。

   元々美人で知的なエースアナ、毎朝、厚化粧をしないでも十分に目の保養になる人物であるから、この日のコテコテには心底驚いた。似合わないよ、厚化粧は、和久田クン。オジサンスタッフの指示か? 天性の美人は加工しないでもらいたい。早く老けるから。

   もう1つの驚きはゲストコメンテーターたちの中に、タレントの中川翔子がいたこと。これまでもNHKのバラエティで時々見かけていたが、スタッフは何を考えているのか。若者に媚びて若者代表として選んだのかもしれないが、使い慣れない敬語でしゃべりにくそうである。この番組は先帝の退位の儀式の中継であるから、視聴者に媚びることはないのだ。若者も年寄りも関心がある者が見る。

   安倍お気に入り政治記者の岩田明子もいたが、ノンフィクション作家・保坂正康の話が物書きらしい内容。宮殿松の間の退位儀式は簡素で良かったが、国民の代表といって安倍晋三内閣総理大臣が挨拶するのは釈然としない。夏の選挙を睨んでの目立ちたがり、筆者にはどことなく政治利用に見えたが、これはヒネ過ぎか。(放送2019年4月30日16時~)

   (黄蘭)

採点:0
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中