2019年 7月 18日 (木)

10連休中、飲酒運転事故が相次ぐ 「家族と飲んだ」あとにそのまま運転とは!

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   10連休中、飲酒運転による事故が相次いだ。おととい5日(2019年5月)午後11時半ごろ、神戸市のJR三ノ宮駅前の交差点に赤信号を無視して白い軽乗用車が侵入、横断中の50代男性を20メートル跳ね飛ばしたうえ、横から青信号で交差点に入った乗用車に激突して横転させた。

「ノーブレーキで突っ込むのが飲酒運転の怖いところ」

tv_20190507111803.jpg

   6人が病院に搬送され、横断中だった男性は頭の骨を折る重傷を負った。軽乗用車を運転していた会社員、萩原良容疑者(25)は酒気帯び運転の現行犯で逮捕され、「家族と飲んでいた」と供述した。

   警察は過失運転致傷の疑いでも調べている。後続車のドライブレコーダーの映像を見た交通事故鑑定人の中島博史さんは「軽乗用車は時速60キロか70キロで走っており、衝突までブレーキを踏んでいなかったのは間違いない」と分析する。

   司会の小倉智昭「家族を乗せているのに飲むとは信じられないね」

   古坂大魔王(タレント)「人をはね、ノーブレーキで突っ込むのが飲酒運転の怖いところです」

   きのう6日未明には、宇都宮市でパトカーに追跡され逃走中の車が対向車線に飛び出し、前から来た軽乗用車と衝突、軽乗用車に乗っていた工藤達也さん(46)が死亡した。逃走車を運転した22歳の男も足に大けがを負った。呼気から基準を超すアルコールが検出された。

   キャスターの伊藤利尋アナ「逃げたのは飲酒運転を認識していたということですね」

   小倉「巻き添えになった人の家族は怒りなんてもんじゃないね」

文   あっちゃん | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中