2019年 5月 21日 (火)

小室圭さん代理人「日本で弁護士をやるかどうかは未定」令和になって初めて近況報告

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   「彼はあくまで眞子さまとの結婚を目指し、日々勉学に励んでいる」

   秋篠宮眞子さまとの婚約が延期になっている小室圭さんの代理人弁護士は、「とくダネ!」の取材にこう答えた。

   代理人弁護士によると、「国際弁護士の資格は得るが、帰国して国際弁護士をやるとは確定していない。将来的には、どこでどのような形で弁護士をしていくかは未定です」と話す。そして、「なるべく結婚を早められるよう努力している」という。

学費や生活費はなんとか手当

tv_20190509132107.jpg

   司会の小倉智昭「自分が進む道、将来ビジョンがはっきり決まっていないのに、プロポーズするというのはなかなか大変なことだと思いますがねえ」

   「女性自身」の皇室担当記者、近重幸哉氏も「(秋篠宮さまは)国民が安心して眞子さまが結婚できるお相手だということを感じて、祝福してほしいということなのに、この二人はまったく見えていない」と手厳しい。

   小室さんの留学先の学費や生活費はどうなっているのか。代理人弁護士は「留学は3年間。奨学金頼みの話ではない。何とか手当して勉強を続ける」と話している。

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中