2019年 10月 20日 (日)

<なつぞら>(第39話・5月15日水曜放送)
「本心を話さないのはじいちゃんを裏切ることだ」天陽は珍しくなつに語気強く言った

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   東京に行きたいと家族にやっと伝えたなつ(広瀬すず)だったが、本当の理由をいえずに悩んでいた。知らず知らずのうちに幼なじみの天陽(吉沢亮)の家に向かう。厩舎の中のアトリエで、「東京に行きたいのは、お兄さんのためだけじゃないべや?」となつに天陽は言う。

   「アニメーションだろ。漫画映画を作りたいんだろ。なんでそれを言わないんだ」と語気を強める。自信のないなつはなかなかはっきりと言えない。「酪農よりもやりたいことがあるなんて、じいちゃんを裏切るみたいで」とうなだれる。「そんな奴はなんもできねえな。行かんほうがましだ」と突き放す。

「さようなら!」耳をふさいで飛び出すなつ!天陽との別れなのか・・・

tv_20190513160859.jpg

   二人は母屋にもどり、天陽の家族とあたりの特産のそばがきを食べている。東京行きの理由をはっきり言わないなつに、天陽はさらに続けて「自然な気持ちに従ってみればいいだけだ。なんも悩むことはない」とはなす。

   なつには天陽の言葉が強く、突き放されているように聞こえた。うなだれたまま帰ろうとすると、天陽が追いかけてきた。「できるかどうかわからなくても、泰樹さん(草刈正雄)はたった一人で北海道にきたんじゃねえのか。泰樹さんはなっちゃんの見本だべさ。どうすべきかは自然とわかるだろ。じいちゃんのために生きることは、じいちゃんのために諦めることではないべさ。なっちゃんは自分の信じたことをやればいい」

   明晰な天陽の言葉がなつを追い詰める。「分かった。もう、そんなに応援しないでよ!」なつは耳をふさいで厩舎を飛び出した。

   「さよなら!」

   なつと天陽はこれっきりになってしまうのか。(NHK総合あさ8時放送)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中