2019年 5月 19日 (日)

ダサいタイトルにダメ番組の匂いプンプンだが、豪華主演者と攻める内容にローカル局を応援したくなる
〈それって!? 実際どうなの課〉(日本テレビ系)

印刷
日本最大級の動画配信サービス【U-NEXT】まずは31日間無料お試し

   「ナカイの窓」の後番組。ダジャレのようなダサ目のタイトルに、ダメ番組の匂いがプンプン。どうせ若手芸人がワチャワチャと悪ふざけする番組だろうと思って見たら、意外にも出演者は豪華。MC担当は個性派俳優・生瀬勝久と売れっ子博多華丸・大吉。そのほか女優の森川葵、声優・野沢雅子のものまねでおなじみの若手芸人・アイデンティティ(田島直弥・見浦彰彦)という顔ぶれ。

   番組の内容はというと「人・時間・手間を惜しまず、世の中の<今>を映し出す、リアルドキュメントバラエティー」だそうで、世の中に溢れるウマイ話が実際はどうなのか調査するものだ。

   この日は「200円の原付バイクで箱根まで行けるか?」「美人は生涯3000万円得すると言われているが本当か」などを調査。ほかに森三中大島美幸が寅さんに扮し、TVやネットで話題の人気店が本当に美味しいのかを調査するグルメリポートもあった。大量のあん肝・カニみそ(冬は白子)などプリン体たっぷりの『痛風鍋』を食した大島「健康志向のご時世に素晴らしい」と大絶賛。

   ようはチコちゃんのいない「チコちゃんに叱られる!」、依頼のない「探偵ナイトスクープ!」といった感じで既視感ありあり。前番組を終了してまでやる番組か、とも思うが、制作は日テレではなく中京テレビ。出演者の大半が吉本芸人なのが気になるが、ローカル局を応援する意味で、温かく長い目で見たい。
(放送2019年5月8日23時59分~)

(白蘭)

採点:0.5
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中