2019年 6月 18日 (火)

イマドキ若者は多い人は10個以上、SNSの裏アカウントでいったい何をする?

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   SNSのアカウントには、学校や職場の人が本人とわかる表のアカウントだけではなく、SNS上でつながりを持つためだけに匿名で開設する「裏アカウント」と呼ばれるものもある。

   情報セキュリティー会社の調査では、女子高生のおよそ7割が裏アカウントを持っているという。いったいその利用目的は何なのか。スッキリ!では街頭インタビューを行い、裏アカウント所有者の本音に迫った。

趣味の情報交換から悪口・愚痴まで使い分けはさまざま

tv_20190514122815.jpg

   取材でまず浮かび上がってきたのは趣味の情報収集。好きなアイドル、アニメ、マンガに関する情報のやりとりや、インスタで有名人にコメントする目的での使い分けだ。リア友にガチな姿を見られたくない、友人から見えないところで思い切り趣味の世界に没頭したいという思いだ。

   アニメ好きという19歳の女子大生は表アカウントの他に舞台のアカウント、アニメなどのイラストを投稿するアカウントの3つを使い分ける。裏アカウントで知り合った仲間が実際の友人に発展するケースもある。

   一方、愚痴や悪口を投稿するために裏アカウントを使う人もいる。アカウント6個を持つ17歳の女子高校生は「言わないと爆発しそうになるので、ストレス発散」と、日常や友人関係で嫌だったことを裏アカウントに陰口みたいな形でツイートするという。

   しかし、悪口ツイートがスクリーンショットに取られ、本人に流されるなどトラブルになるケースもある。しかし流された本人は「その子を切ればいいのでやめようとは思わない」とアッサリ。

   「プチ炎上したら裏アカウントは跡形もなく消してしまう。すぐ消せるのが便利」という声もあるが、トラブルが大きくなることもある。2018年11月、青森市議に当選した山崎翔一議員が、匿名アカウントで「年金暮らしジジイ」などと不適切な発言をして、謝罪会見を行う羽目に陥っている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中