2019年 10月 20日 (日)

<特捜9 season2/第6話>(テレビ朝日系)
捜査主任・井ノ原快彦の妻・中越典子がパティシエの能力を生かし、事件解決に内助の功を発揮

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   行列ができる人気菓子店の女店主が殺された。浅輪主任(井ノ原快彦)の妻でパティシエの倫子(中越典子)が内助の功を発揮! ある香り成分が炙り出した意外な真犯人とは......。

   春ドラの視聴率トップ3を占める警察ドラマの一角として、第1話から第5話まで連続で視聴率フタケタをキープしている。渡瀬恒彦主演で2006年4月放送開始された「警視庁捜査一課9係」に続く新シリーズとして、18年4月にスタートした「特捜9」の第2弾だ。宗方朔太郎(寺尾聰)を班長とする警視庁刑事部特別捜査班の刑事たちの活躍がコミカルに、かつ謎解きの楽しさもたっぷりに描かれる。

   行列のできる菓子店「のぐち」の店主・野口功子(秋野暢子)が自分の店で刺殺された。凶器は殺害現場の厨房にあったペティナイフ。レジの現金が抜き取られていたため、特捜班は怨恨と物取りの両面から捜査を始める。

行列のできる菓子店の後継者争いをめぐる12年前の不審死

   第1発見者は、功子が作るアップルパイの味に惚れ込んだデパート営業マン・島崎透(須藤公一)。島崎はこの日、デパートへの出店を依頼するため店を訪れると、通常より2時間も早く店を閉めようとしていた功子に追い返されたのだった。慌ててどこに行こうとしていたのか? 捜査により、功子は島崎を追い返した直後、藤本理沙(木下あゆ美)というパティシエに電話していたことが判明した。理沙は捜査班主任・浅輪直樹(井ノ原快彦)の妻・倫子(中越典子)と同じケーキ店「ミヤハラ」で働いていたパティシエ仲間だった。

   さらに、理沙はかつて功子の弟子として「のぐち」で働いていた経験があり、もう一人の弟子・坂出鈴(おりもりお)との間で「のぐち」の後継者争いをしていたことも分かった。その坂出は12年前、橋から転落して死亡。事故死として処理されたが、自殺だという噂もあり、真相は藪の中だ。実は、島崎に「のぐち」を紹介したデパートの顧客・村岡芳美(三倉菜奈)もかつて「のぐち」で働いていており、12年前にあることを目撃したと告白する。

   功子殺害事件の解明のために、12年前の坂出の死を調べ始めた捜査班。そんな折、パティシエ倫子が内助の功を発揮し、事件解明のカギを握るのが、ある香りの成分だと突き止めた。そして、そのことが意外な真犯人を炙り出す......。(5月15日よる9時放送)

寒山

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中