2019年 6月 19日 (水)

「料理しない夫」のやる気引き出したい! 「男ならではのスイッチ」パパ料理研究家が伝授

印刷
今ならなんと30日分が実質無料!『まるっと超熟生酵素』

   きょう20日(2019年5月)のあさイチは、夫婦の「料理シェア」がテーマだった。

   共働き家庭が増えている現代、洗濯や掃除などの家事を担う夫も増えてきている。しかし、料理はなかなかやりたがらない...という夫は少なくないのでは。実際、「夫が食事の支度をよくする」と回答した妻は13.7%にとどまったという調査もある。

   料理に苦手意識があると、ついつい料理ができる方に任せてしまいがちだ。夫のやる気を引き出すコツを、「パパ料理研究家」の滝村雅晴さんが教えた。

「奥さんを手伝えば家族みんなが楽しくなる」

   滝村さんがまずキーワードとして挙げたのが「家庭のリスク管理」だ。

   滝村さんは「病気になったり寝込んだり、両親の介護や子供の看病があると、ずっと料理を作っていた奥さんがキッチンに立てるとは限らない。いざとなった時に家族全員が食べるご飯を作れるというのは、家族が一番安心して暮らせるポイントだと夫にわかってもらうのが重要です」と強調する。

   「道具から入る」のもオススメだという。滝村さんが料理にのめりこむきっかけになったのも、自分の名入りの刺身包丁だった。「確実に自分の道具で、料理をやるぞという気になるし、道具を買うことでこれを使って料理をしたくなる。次に繋がるんです」というわけだ。

   田村直之アナ「男性ならではの"やる気スイッチ"ということですね」

 

   ゲストの前川泰之(俳優)「家事だけをシェアしようと思うとなかなかやる気が出ないと思うけど、奥さんをちょっと手伝うことで奥さんがストレスから解放されて格段に機嫌が良くなるじゃないですか。奥さん笑顔になる、子供たち笑顔になる、みんな楽しくなるっていうのを考えるといい気がします」

   ピコ花子

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中