2019年 6月 19日 (水)

〈わたし、定時で帰ります。/第6話〉TBS系)
働き方改革の「会社あるある」満載。婚約者と焼け棒杭の上司との間で悩むヒロイン、恋の行方も目が離せない

印刷
独自成分T21配合!日清食品のアレルライトハイパー。今だけ...

   元婚約者で上司の種田(向井理)の転職の噂に振り回される結衣(吉高由里子)。結衣の現婚約者で温厚な諏訪(中丸雄一)も目の前に現れた種田に激怒! 果たして焼け棒杭に火がつくのか?

   巷で話題の「働き方改革」のケーススタディードラマのようなタイムリーさと、「会社あるある」満載で、40~50歳代の働く女性を中心に好評だ。

   WEB制作会社ネットヒーローズ制作4部ディレクター・東山結衣(吉高由里子)は第5話で、上司で元婚約者・種田晃太郎(向井理)の機転により、パワハラ・セクハラが横行するモンスタークライアントを撃退した。

   改めて種田の頼もしさと優しさを見直す結衣だが、そんな折も折、種田が転職するのでは?という噂が社内に流れる。種田を屋上に呼び出し、「独立するって本当ですか?」と聞く結衣に、種田は言葉を濁す。種田はどうやら、心に葛藤を抱えているらしい。

いつもはクールな種田が珍しくカリカリ

   種田の上司である制作4部の部長・福永清次(ユースケ・サンタマリア)は、種田が以前に勤めていた小さなWEB制作会社の社長だった。種田はヘッドハンティングされ、現在のネットヒーローズに移った。今度ネットヒーローズを退職すれば、福永を2度も裏切ることになる。葛藤はそのせいなのか?

   そんな種田は、新規案件でディレクターデビューすることなった新人・来栖泰斗(泉澤祐希)に「そんなんで、やっていけると思ってんの?」「もっと死ぬ気で考えなきゃダメだよ」と、強い言葉で当たってしまう。いつもはクールなのに、珍しくカリカリしている種田に振り回される結衣だ。

   一方、結衣が大切にするプレイベートにも、種田が割り込んでくる。結衣は行きつけの中華料理店「上海飯店」に婚約者・諏訪巧(中丸雄一)を連れて行き、店主の王丹(江口のりこ)らに結婚の報告をする。そこに種田が現れたのだ。結衣と種田の昔の関係を知る諏訪は、いつもは温厚な性格ながらこの時ばかりは声を荒げ、種田に「さすがにまだ結衣ちゃんのこと好きなんて、あり得ないですよね」と詰め寄る。

   果たして結衣はすんなりと諏訪との結婚に踏み切れるのか? はたまた種田との焼け棒杭に火がつくのか? 諏訪派と種田派に視聴者を二分する結衣の恋の行方から目が離せない。(5月21日よる10時放送)

寒山

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中