2020年 11月 30日 (月)

〈白衣の戦士!/第6話〉(日本テレビ系)
片思いに「ブチューッ!」の実力行使、元見合い相手と上司との三角関係...ナースステーションは本日も波高し

どうする老後2000万円問題!?保険で備える老後資金!

   片思いの同期・斎藤(小瀧望)の超鈍感さにイラだつはるか(中条あやみ)は、ついに実力行使の「ブチューッ!」。夏美(水川あさみ)は看護師長・本庄(沢村一樹)と元見合い相手・里中(田中幸太朗)と三角関係に? ナースステーションは本日も波高し

   「元ヤン」の新米看護師・立花はるか(中条あやみ)が働く四季総合病院に1人のエリートビジネスマンが入院してきた。それは偶然にも、はるかの教育係で婚活中のナース・三原夏美(水川あさみ)の元見合い相手・里中詠一(田中幸太朗)だった。2人は結婚相談所の紹介で付き合っていたが、「結婚したら仕事は辞めてほしい」という里中の条件を受け入れることができず、夏美の方から結婚を断ったのだ。

   しかし、ナースとして生き生きと働く夏美を見て、自分の考えが間違っていたことに気づいた里中は、改めて夏美に「結婚を前提にお付き合いしていただけませんか?」とプロポーズする。親しげに話す2人を見て、夏美に交際を申し込んでいる看護師長・本庄昭之(沢村一樹)は気が気ではない。

病院を脱走した問題入院患者が守りたいものとは

   そんな折、激しい足の痛みで入院してきた洋食屋店主・胡桃沢茂(金田明夫)の担当に、はるかと夏美がなった。胡桃沢は「入院なんて冗談じゃねえや」と、隙あらば病院を抜け出そうとする。「1回シメておかないと」と憤慨するはるかだったが、胡桃沢には自分の体を犠牲にしてでも、どうしても守りたいものがあったのだ。

   病院を脱走した胡桃沢を追ってはるかと夏美が胡桃沢の店に行くと、女性が床に倒れ、ひどく苦しんでいた。胡桃沢は反抗的だった態度を一変させ、はるかと夏美に「助けてくれ。お願いします」が懇願する。胡桃沢がどうしても守りたかったものとは?

   登場人物の様々な思いが交錯する中、肝心のはるかの恋愛はというと......。「カレシができた」と報告にやってきた元ヤンの後輩・七海(富田望生)から、好きな相手には「押して押して押しまくる!」とアドバイスを受けたはるかは、片思いの同期の看護師・斎藤光(小瀧望)を行きつけの居酒屋に呼び出した。

   勇気を振り絞って「私のこと、どう思ってるの?」と斎藤に迫るはるか。しかし、鈍感な斎藤はトンチンカンな返答ばかりを繰り返す。頭に血が上ったはるかは、なんと、いきなり斎藤に「ブチューッ」とキスの実力行使!

   果たして、はるかの思いは斎藤に届くのか? 夏美は元見合い相手とヨリをもどすのか、はたまた本庄との交際に踏み出すのか?(5月22日よる10時放送)

寒山

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CAST テレビウォッチ
アクセスランキング
  1. 菅義偉は疲労の極に達している。主な要因はコロナ対策と経済回復を同時にやろうとする菅を忖度しない尾身茂分科会会長だ。官邸スタッフは「政府の組織なのだからこっちの意向に沿って発言しろ、と。ところが尾身さんは無視して危機を訴える。総理は怒っていますが、下手に圧力をかければ学術会議の二の舞になるのでイライラが募っている」という
  2. 「エール」最終回コンサートに感動の渦!「本物の紅白でもやってほしい」「みなさん歌が上手でビックリ」「岩城さんのイヨマンテ、マジ凄すぎる」
  3. 「R-1グランプリ」芸歴10年縛りに賛否激論「売れない中堅芸人が必死にあがく姿を見たい」「コンビの片割れはやめ、ピン芸人限定に」「飛び道具持って来た奴の勝ちはおかしい」
  4. 安倍晋三の「桜を見る会」事件が永田町を震撼させている。東京地検特捜部が安倍の事情聴取に踏み込むのか、特捜部にその"覚悟"があるのかに注目が集まる。しかし、ポストによると同じ疑惑の構図が菅義偉にもあるという。官房長官時代に毎年横浜のホテルで開いていた「菅の春の集い」がそれだ。
  5. 「沢尻エリカ」復帰シナリオ!?芸能・テレビ界の裏で囁かれる「彼女は引退と言っていないから・・・」
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中