2020年 11月 29日 (日)

<なつぞら>(第50話・5月28日火曜放送)
「東洋動画」不合格で落ち込むなつ・・・慰めに来たお兄ちゃんがまたまた余計なお節介

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   「東洋動画」の採用試験に落ちて、なつ(広瀬すず)は自分の部屋の机の前でため息ばかりをついていた。ドンドンドンとドアをノックする音がして、ズカズカと入ってきたのは、兄ちゃんの咲太郎(岡田将生)だった。

   「なんだ元気そうじゃないか。もっとしょげてるかと思ったよ」

   なつを心配した雪次郎(山田裕貴)が咲太郎に相談したので、様子を見に来たのだ。

   しょげているなつにビールをすすめる。夏はまだ未成年だ。「なつ。大人はビールより苦いものをぐっと飲み込んで生きていかなくてはいけないんだ。東洋動画なんて、ビールの泡みたいなもんだよ。気にするな」

   兄らしいことを言ったつもりだったが、なつは「泡はこっちの方だよ。あんな大きな会社に、本気で入れると思ってたんだから。落ちることも考えずに、みんなに迷惑や心配かけて、本当にバカだよ。私」と、いよいよ泣き出してしまった。

「お前、面接で何か聞かれなかったか」

tv_20190522160855.jpg

   「お前、面接は受けたよな」と咲太郎が突然聞く。「どういうこと?」となつは不思議そうだ。「何か聞かれなかったか」と兄ちゃんはなにか心当りがあるかのような話しぶりだ。

   なつは大杉社長(角野卓造)の顔を思い浮かべながら、生みの親を戦争で亡くし、北海道に育ての親がいることを面接で話したことを思い出していた。それがいけなかったのだろうか。

   なつは「東洋動画」のアニメーター仲務(井浦新)が描いた子うさぎのセル画を、諦めきれない夢のように見つめたままだ。そんななつを不憫に思った咲太郎は、またまた早合点して・・・。(NHK総合あさ8時)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CAST テレビウォッチ
アクセスランキング
  1. 菅義偉は疲労の極に達している。主な要因はコロナ対策と経済回復を同時にやろうとする菅を忖度しない尾身茂分科会会長だ。官邸スタッフは「政府の組織なのだからこっちの意向に沿って発言しろ、と。ところが尾身さんは無視して危機を訴える。総理は怒っていますが、下手に圧力をかければ学術会議の二の舞になるのでイライラが募っている」という
  2. 学校の健康診断で「上半身裸」になることが問題に!医師は3つの理由があるというが、立川志らくは「裸のまま移動する必要あるの?」
  3. 「エール」最終回コンサートに感動の渦!「本物の紅白でもやってほしい」「みなさん歌が上手でビックリ」「岩城さんのイヨマンテ、マジ凄すぎる」
  4. <エール>(最終回・11月27日金曜放送)
    まるでカーテンコール! 「エール」の人気キャラクター勢ぞろいでコンサート。紅白歌合戦さながら特別編のプレゼント
  5. 安倍晋三の「桜を見る会」事件が永田町を震撼させている。東京地検特捜部が安倍の事情聴取に踏み込むのか、特捜部にその"覚悟"があるのかに注目が集まる。しかし、ポストによると同じ疑惑の構図が菅義偉にもあるという。官房長官時代に毎年横浜のホテルで開いていた「菅の春の集い」がそれだ。
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中