2020年 11月 28日 (土)

「妊婦加算」復活!あれだけ批判受けながら・・・お母さんよりやっぱりお医者さん優先

無料保険相談で【A5ランク黒毛和牛】必ずもらえるチャンス!

   凍結されていた妊婦加算が2020年度から復活する。医療従事者の間では「必要」という声が多いが、女性からは「許せない。妊婦差別です」「なぜまた復活なのか」と怒りの声が出ている。

   妊婦加算は、「妊娠中は薬や合併症など特別な配慮が必要だから」という理由で、妊婦が歯科医以外の病院で受診すると、診察料に初診で約230円、再診で約110円上乗せされる制度だ。産婦人科医の要望をもとに、昨年4月(2018年)に導入されたが、9月にある妊婦がツイッター上で「皮膚科に行ったら、『妊娠中ですか? ならお会計変わります』と言われて高くなった」とつぶやいたことをきっかけに、「知らなかった」「妊婦いじめだ」と炎上した。

   自民党厚生労働部会の小泉進次郎会長も「妊婦さんに自己負担を発生させるということは容認できない」と批判し、今年1月(2019年)から凍結されていた。

おカネ払っても妊婦側の見返りゼロ

tv_20190612125259.jpg

   医療政策に詳しい東京医科歯科大学大学院の川渕幸一教授はこう解説する。「妊婦加算は、医者にとってみれば、原価がかからない美味しい加算です。厚生労働省は医療を提供する側の論理だけで考えていて、受ける側にとって加算に見合うだけの見返りがあるかという検証が不足していたと思います」

   玉川徹(テレビ朝日コメンテーター)「今までは、お医者さんは(妊婦に対する特別配慮は)当たり前のこととしてやっていたんですよね。なぜそれを急に加算するのか。診療報酬を増やすために、単に名目を探しただけじゃないかという気がします」

   浜田敬子(「ビジネスインサイダージャパン」統括編集長)「妊婦加算が本当に必要であれば、別のところで妊婦補助をつけるような政策的な解決ができるはずです。出生率が下がっているのに、さらにこれをやると少子化は悪化しますよ」

文   キャンディ| 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CAST テレビウォッチ
アクセスランキング
  1. 菅義偉は疲労の極に達している。主な要因はコロナ対策と経済回復を同時にやろうとする菅を忖度しない尾身茂分科会会長だ。官邸スタッフは「政府の組織なのだからこっちの意向に沿って発言しろ、と。ところが尾身さんは無視して危機を訴える。総理は怒っていますが、下手に圧力をかければ学術会議の二の舞になるのでイライラが募っている」という
  2. 学校の健康診断で「上半身裸」になることが問題に!医師は3つの理由があるというが、立川志らくは「裸のまま移動する必要あるの?」
  3. 「エール」最終回コンサートに感動の渦!「本物の紅白でもやってほしい」「みなさん歌が上手でビックリ」「岩城さんのイヨマンテ、マジ凄すぎる」
  4. <エール>(最終回・11月27日金曜放送)
    まるでカーテンコール! 「エール」の人気キャラクター勢ぞろいでコンサート。紅白歌合戦さながら特別編のプレゼント
  5. 安倍晋三の「桜を見る会」事件が永田町を震撼させている。東京地検特捜部が安倍の事情聴取に踏み込むのか、特捜部にその"覚悟"があるのかに注目が集まる。しかし、ポストによると同じ疑惑の構図が菅義偉にもあるという。官房長官時代に毎年横浜のホテルで開いていた「菅の春の集い」がそれだ。
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中