2019年 6月 18日 (火)

「あと30年で地球は住めなくなる」豪の研究機関が発表!ノストラダムス予言じゃないよ

印刷
ロート製薬『セノビック』500円モニター募集!

   「2050年までに人類文明は存在が脅かされるほどの危機に直面する」

   オーストラリアの独立系の研究機関が先月(2019年5月)、衝撃的なリポートを発表した。50年は30年先、もうすぐだ。「今後30年の気候変動をめぐるリスクを分析した結果、世界の人口の55%にあたる人が、生命の危険が及ぶほどの熱波に襲われ、20億人以上が水不足に苦しめられる。最悪の場合、2050年に人類文明が終焉に向かう可能性がある」と警告している。

   司会の小倉智昭「これはひところ大騒ぎした『ノストラダムスの大予言』とは違うんですね」

熱波、砂漠化、水・食糧不足・・・

tv_20190612131234.jpg

   キャスターの伊藤利尋が「科学的根拠に基づいての話ということなんですが」と、詳しく説明する。2020年から30年にかけて二酸化炭素が増え続け、世界の平均気温が1.6度上昇、さらに30年から50年は、温室効果ガスの排出量は減少するが気候の問題も加わり、平均気温が3度上昇する。陸地の35%と人口の55%が年間20日以上の致死的な熱波にさらされるというのだ。

   平均気温が1.5度上昇すると、南極の氷床が溶ける。2.5度上がるとアマゾンが干ばつになって森が枯れる。砂漠化も進む。

   伊藤「まとめによると、2050年には、このままいくと海水面の上昇と熱波により住める地域が限定され、深刻な水不足が起こり、農業が困難になって食料不足に陥る、という指摘なんです」

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中