2019年 12月 6日 (金)

児相がまた見殺し「札幌・詩梨ちゃん虐待死」48時間ルール守っていれば救出できたのに・・・

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

東大生「頭脳王」の呆れた人間性未発達!妊娠させた女性に「まだ生きものじゃない」からと中絶要求

   週刊文春に、東大生"頭脳王"として知られ、医学部の"神脳"の異名を持つ河野玄斗(23)が、20代後半のタレントA子との間で「中絶トラブル」があると報じている。

   河野は生後10か月でアルファベットを理解し、4年次には司法試験にも合格している。A子がいうには、昨年春の飲み会で知り合い、その日のうちに河野の家で関係を持ったという。避妊はせず、中出しだった。5月に妊娠が判明。そこで河野が、「認知はできるけれども、(産んでもらう)のは難しい」といったというのだ。産まなきゃ認知できないだろうが。

   要は中絶してほしいということだが、彼女がショックを受けたのはこの言葉だった。「今はまだ脳が発達していないから生きているものではない」「悲しいとかの感情があるわけじゃない」

   中絶には同意したものの、「命を救うための勉強をしているはずなのに、何でこんなことを言えるんだろう」(A子)と思ったという。その後、彼女は体調を崩し、「心的外傷後ストレス障害」と診断された。付き合ってはいたが、男のほうからこういう関係に区切りをつけたいといい出し、警察沙汰になった。週刊文春にこれだけ出ると、これから大変だ。

   ビートたけしが離婚したとスポーツ紙は大騒ぎだ。「100億円離婚」、いやいや「200億円だ」と見出しが躍る。いまさら騒ぐことではないだろうと、私は思う。離婚を機に、これまでの女遍歴を書けばいい。昔、フライデーに撮られた女子大生との間にできた子供はどうしているのかな。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中