2019年 7月 22日 (月)

<愛がなんだ>
こんなに好きなのに・・・アラサーOLのピュアすぎる片思い!今季ナンバーワン恋愛映画

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で
(C)2019映画「愛がなんだ」製作委員会
(C)2019映画「愛がなんだ」製作委員会

   見終わった後、男も女も老いも若きも「ねえ、愛ってなに?」と思いをはせ、「ちょっとカフェでしゃべろうか」となること請け合いの、強烈な123分間だった。

   30歳を前にしたOLのテルコ(岸井ゆきの)の好きな人は、猫背でやせっぽっちのマモちゃんこと田中守(成田凌)。そんなに親しくもない女友達の結婚式の二次会で、同じように場になじめてなくて、同じようにどこかに行ってしまいたいような気持ちで、そのままなし崩しに関係が始まった恋人未満の関係だ。

   ぎゅーっとされるととろけそうで、喜んでくれると天にものぼりそうな心持ちで、自分のためだったら億劫なことも、マモちゃんのためなら全然惜しくない。すっかり夜も更けてから、「すごい熱が出てつらいから買い物してきてくんない?」なんて電話があったら、とんでいって甲斐甲斐しく世話を焼くし、マモちゃんからのお誘いを待つために、不要な残業をこしらえて会社にスタンバイする。

尽くせばつくすほど広がっていく距離感

   でも、テルコの愛が深まるほど、マモちゃんはちょっと引く。冷めるというより、覚める。固まる。テルコに恋愛感情を持っていないのだ。だから、一緒に楽しく過ごしていると思った次の瞬間、予想もしていなかった言葉が降ってくる。たとえば、ご飯をつくり、看病しようと腰を落ち着けたところで、「帰ってくれる?」

   終電なんかない時間、テルコは一人、夜道を歩く。そんな男だめだよと言われても、そうは考えない。だって、タクシーないって言わなかったのは、私のほうだし。たちかに、買い物は頼まれたけれど、看病したのは善意だし。

   テルコとマモちゃんの物語は、けして「だめんず好き女子のうつな日常」ではないのだ。好きな人にくっついていられることが、嬉しくて仕方なくて。でも、拒絶されることが怖いから好きとは言わない。叶わない恋だから、うまく行く可能性は低いから、やめる。それすら打算に見えてくるほど、テルコの恋は、清々しくて、前向きで、痛々しくて、怖い。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中