2019年 7月 18日 (木)

『anan』を完売させた横浜流星がラーメンの食レポに挑戦。一生懸命にこなす真面目な態度に好感度アップだが... 〈ZIP!〉(日本テレビ系)

印刷
独自成分T21配合!日清食品のアレルライトハイパー。今だけ...

   日テレ朝の情報番組。金曜日のパーソナリティは月替わりで、6月は俳優の横浜流星がつとめている。横浜流星といえば、今年(2019年)1月期の深田恭子主演ドラマ「初めて恋をした日に読む話」(TBS系)で、髪をピンク色に染めた不良高校生『ゆりゆり』こと由利匡平を好演し、ブレイクした。

   彼が表紙になった6月5日号の『anan』は予約殺到で、発売前から完売店が続出するほどだったというから人気のほどがうかがえる。繊細そうな見た目とは違い、極真空手初段で2011年には国際青少年空手道選手権大会で優勝したというから驚く。

   この日は、ラーメン大好きな横浜が今年3月、東京駅近くの商業施設『KITTE丸の内』にオープンした『ラーメン激戦区 東京・丸の内』で食レポに挑戦。さらに、「ど・みそ」「松戸富田麺絆」「一幸舎」「福味」の4店舗の中から、ゴールデンウィーク中に最も売れた1杯を当てれば10杯無料券をゲットできるという企画だった。

   初の食レポを一生懸命にこなす横浜。視聴者に味を正確に伝えるため、自分が言ったことに対し、「合ってます?」と何度も店員さんに確認していた。真面目な一面がうかがえて好感度アップといったところだが、気になることがひとつ。

   どうやら、取材時はランチタイムらしく、サラリーマンたちの長い行列が出来ていた。そんななかで一部貸し切っての撮影はかなり迷惑なのでは!? 忙しいランチタイムは避けるべき。テレビはもっと謙虚にならなくては。

(放送2019年6月14日5時50分~)

(白蘭)

採点:0
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中