2019年 10月 20日 (日)

〈なつぞら〉(第70話・6月20日木曜放送) 「私が頑張ってポスターに名前が載れば、千遥が気づいて連絡をくれるかも」なつの漫画の勉強に火がついた

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   なつ(広瀬すず)が、前作の「白蛇姫」のポスターを何気なく眺めていると、自分の名前が載っていることに気づいた。そして、あることを思いつく。

   なつは、兄の奥原咲太郎(岡田将生)と幼なじみの佐々岡信哉(工藤阿須加)、岸川亜矢美(山口智子)の前で、千遥との再会に対する自分のアイデアを語るのだった。

新作アニメ制作会議でも積極的に発言するなつ

tv_20190617161959.jpg

   なつ「もしかして、私が頑張れば『わんぱく牛若丸』に制作者として名前が載るかもしれないでしょう。もし私の名前がポスターに載れば、千遥が私のことだって気づくかもしれない。そしたら連絡くれるかもしれない」

   咲太郎「そうだな。東洋動画が大々的に告知するからな。もしかしたら!ありえる話だな」

   信哉「うん、なっちゃん頑張れ」

   なつは、なんとかして千遥との再会を実現したいと、今まで以上に仕事を頑張り、『わんぱく牛若丸』の制作に尽力しようと心に決めるのだった。

   下山克己(川島明)のもと、『わんぱく牛若丸』の制作チームが集まり、新たな作品作りに向けて会議が行われた。なつは、その会議でも積極的に発言した。自分の名前をなんとかしてポスターに載せたい。そして千遥から連絡が来てほしい。なつは千遥への強い思いを抱えて頑張り続けるのだった。(NHK総合あさ8時放送)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中