2020年 11月 29日 (日)

「震度6」なぜ連続発生?東日本大震災で日本中の地下基盤岩が壊れた!

送料無料/乳酸菌ごぼう茶

   きのう18日(2019年6月)夜の山形・新潟地震は、日本海にあるユーラシアプレートと北アメリカプレートが互いに押し合うことで断層がずれる「逆断層型」だった。専門家は「ひずみが集中する場所で、起こるべくして起きた地震。今後も起きる可能性がある」と警鐘を鳴らしている。

   地震・火山研究の第一人者で武蔵野学院大学の島村英紀・特任教授によると、日本海には日本列島に沿うよう「日本海東縁ひずみ集中帯」があり、この帯に沿って、1964年に新潟地震、1983年に日本海集中部地震、1993年に北海道南西沖地震など、マグニチュード7クラスの地震が数十年おきに発生している。

   「この地域はたくさんの断層がありますが、今回は新しい断層が生まれたことによる地震だと思います。東日本大震災によって、日本中の地下にある基盤岩が壊れてしまいました。その影響がじわじわ出ている最中です。地震は今後も増えます」

関東大震災以来震度6以上ない南関東の無気味

tv_20190619121645.jpg

   玉川徹(テレビ朝日コメンテーター)「僕が子どものころは震度5以上の地震なんてなかったけど、最近は2年おきぐらいに震度6ぐらいの地震が起きています。首都圏の大地震が気になりますよ」

   東京・麻布消防元署長の坂口隆夫氏「南関東では、大正時代の関東大震災以来、震度6以上の地震は起きていません。これがもし発生した場合は、全壊建物が61万棟、2万3000人が亡くなると予測されています。一番怖いのは火災です」

   浜田敬子(「ビジネスインサイダージャパン」統括編集長)「小学校の避難訓練で、仮設トイレの作り方などを学ぶのですが、首都圏ではみんなが避難所に入れないと言われているので、自分で生き延びることを考えなくてはいけません」

文   キャンディ| 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CAST テレビウォッチ
アクセスランキング
  1. 菅義偉は疲労の極に達している。主な要因はコロナ対策と経済回復を同時にやろうとする菅を忖度しない尾身茂分科会会長だ。官邸スタッフは「政府の組織なのだからこっちの意向に沿って発言しろ、と。ところが尾身さんは無視して危機を訴える。総理は怒っていますが、下手に圧力をかければ学術会議の二の舞になるのでイライラが募っている」という
  2. 学校の健康診断で「上半身裸」になることが問題に!医師は3つの理由があるというが、立川志らくは「裸のまま移動する必要あるの?」
  3. 「エール」最終回コンサートに感動の渦!「本物の紅白でもやってほしい」「みなさん歌が上手でビックリ」「岩城さんのイヨマンテ、マジ凄すぎる」
  4. <エール>(最終回・11月27日金曜放送)
    まるでカーテンコール! 「エール」の人気キャラクター勢ぞろいでコンサート。紅白歌合戦さながら特別編のプレゼント
  5. 安倍晋三の「桜を見る会」事件が永田町を震撼させている。東京地検特捜部が安倍の事情聴取に踏み込むのか、特捜部にその"覚悟"があるのかに注目が集まる。しかし、ポストによると同じ疑惑の構図が菅義偉にもあるという。官房長官時代に毎年横浜のホテルで開いていた「菅の春の集い」がそれだ。
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中