2019年 7月 19日 (金)

虐待死・栗原心愛ちゃん母親に「懲役2年6カ月 執行猶予5年」軽すぎるか?重いか?

印刷
今ならなんと30日分が実質無料!『まるっと超熟生酵素』

   今年1月(2019年)、千葉県野田市で10歳の栗原心愛ちゃんが父親の勇一郎被告(41)から虐待を受けて死亡した事件で、障害幇助の罪に問われていた母親のなぎさ被告(32)に、千葉地裁は懲役2年6カ月の有罪判決を言い渡した。夫の暴行を幇助したが、虐待をやめるよう注意したことでDVを受けており、刑の執行は保護観察付猶予5年とした。

   小池健治裁判長は「心愛ちゃんが頼るべきはあなたしかいなかったのに、母親のあなたが夫に協力した責任はとても重い。心に愛で心愛と名付けたことや、沖縄で健やかに育っていた心愛ちゃんの姿を思い出してほしい。執行猶予中は、心愛ちゃんにしたことを思い出し、反省して社会の中で過ごしてください」と説諭した。

夫のDVで逆らえず?一緒に逃げ出せなかったのか

tv_20190627122709.jpg

   この判決を「軽い」と言うのは、心理カウンセラーの山脇由貴子氏だ。「救ってあげられる唯一の存在が虐待に加担してしまった。その罪は重いと思います」

   逆に、レイ法律事務所の高橋知典弁護士は「重い」という。「検察側の求刑が2年なのに、判決は2年6カ月。執行猶予付きだが、期間は最長の5年。重い判決です」

   堀尾正明キャスター「執行猶予付き判決で、勾留されずに日常生活を営むことになりますが、夫も子供もないまま、どのように暮らすのか。心のケアをする必要はありますが、1人で更生するのは大変ですよね。そういう意味でも、重い判決だと思います」

   眞鍋かをり(タレント)「母親の責任論だけでは子供を守れません。DV相談から虐待がわかるケースもあるので、DV対策を推し進めてほしい」

   テリー伊藤(タレント)「日本は児童相談所の対応が緩い。疑いのある家族のもとに子供を返す時には、『あなたの家にカメラを設置していいなら返します』くらいのことを言うべきですよ」

   父親の勇一郎の公判期日はまだ決まっていない。

文   バルバス | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中