2019年 7月 18日 (木)

「日米安保条約廃棄」トランプ大統領は本気?日本はズルいとテレビで怪気炎

印刷
日本最大級の動画配信サービス【U-NEXT】まずは31日間無料お試し

   アメリカのトランプ大統領は、半ば本気で日米安保条約の廃棄を考えているらしい。ブルームバーグ通信の報道を受けて、きのう26日(2019年6月)には、FOXテレビの電話インタビューにこのように語った。

   「日米では条約がある。日本が攻撃されたら、われわれアメリカは第3次世界大戦を戦うことになるだろう。いかなる犠牲を払っても日本を守る。だが、アメリカが攻撃されたとしても、日本はその状況をソニーのテレビで見ているだけだ」

ブルームバーグ報道は本当だった

tv_20190627131118.jpg

   高木美保(タレント)「トランプさんは、ビジネストークとして言っているのではないでしょうか。沖縄の現状や日本がこれだけ犠牲をはらっているのだということを、むしろ主張するいいチャンスだと思います」

   玉川徹(テレビ朝日コメンテーター)「(ブルームバーグ通信の報道を)日米政府が必死になって火消ししたのに、その意味が全然なかった。『実際に言ってるじゃん』ということがわかったということですね。これが脅しなら、『駐留経費いっぱい払いますよ』なんて屈してはいけないですよ」

   トランプ大統領はG20出席のため今夜日本に到着し、あす28日(2019年6月)に安倍首相と首脳会談を行う。安倍首相は何か言えるのかな。

文   キャンディ | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中