2019年 11月 13日 (水)

後輩にキレたあと、先輩の前でおちゃらけを演じなけれならない芸人って、まさに「闇営業」?
<水曜日のダウンタウン>(TBS系)

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   この日の検証ネタで「後輩にめちゃくちゃキレたあと、不機嫌な顔見せづらい先輩の前で、おちゃらけを演じなきゃいけない状況、地獄説」というのがあった。ターゲットはパンサー・尾形貴弘だ。
   後輩たちとの飲み会で1人の後輩が、尾形の奥さんと浮気をしたとウソの告白をして尾形を怒らせる。と、そこに、同じ店に偶然来ていた先輩の品川庄司・品川祐から「哀川翔もいるから自分たちの部屋に来て」と言われ、そこで先輩たちを楽しませるために芸をさせられる。
   妻と浮気した後輩に怒り、先輩の前では怒りを隠しておちゃらける、これを4パターン繰り返したところでネタばらし。結果は「地獄」で、説は成立。精根尽き果ててヘトヘトの尾形。それでも妻の浮気が嘘だったとわかり、ほっとした様子だった。
   これを見て、今、話題の芸人たちの闇営業についてふと考えた。カラテカ入江が所属事務所の吉本を解雇され、雨上がりの宮迫博之、ロンブー亮ら芸人13人が謹慎処分になったわけだが、こんなふうにどんな状況でも、先輩に呼び出されれば行かなければならないと言うことであれば、宮迫や亮はともかく、入江より後輩の芸人たちは事情が変わってくる。後輩芸人にNOという選択肢はないのだから。
   ところで入江といえば、友達5000人などとうそぶき、元女子サッカーの澤穂希や、横綱・白鵬との交友関係を自慢していたが、彼らに取材しないのはなぜなのか。芸人だけの話では済まないかも!?
   (放送2019年6月26日22時~)

(白蘭)

採点:0
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中