2019年 8月 17日 (土)

個性的メンバーを選ぶ眼力が凄かった!ジャニー喜多川社長倒れる! どうなるジャニーズ?

印刷
ロート製薬『セノビック』500円モニター募集!

   先月18日(2019年6月)、ジャニーズ事務所のジャニー喜多川社長(87)が都内病院に緊急搬送された。その後情報が錯綜していたが、7月1日、事務所は、病名を解離性脳動脈瘤(りゅう)破裂による「くも膜下出血」と公表した。

   解離性脳動脈瘤は脳の血管が弱くなっている内膜から裂け、中膜に流れ込んでたまること。これが破裂するとくも膜下出血を引き起こし、バットで殴られたような頭痛や意識障害などの症状が現れる。星野源さん、米良美一さん、GlobeのKEIKOさんらも発症している。

tv_20190702131225.jpg

嵐・松本潤「回復を祈っています」

   東京・六本木で開かれている嵐CDデビュー20周年記念展覧会のオープニング。5人を代表して松本潤(35)が硬い表情で「僕たちは翌日19日にジャニーさんのもとにお見舞いに行きました。その後も時間があるときに病室に通っている状況です。今はジャニーさんが1日も早く元気に回復してくれることを祈っております」と語った。

   松本潤は「この話で暗い会見になるのはジャニーさんも望んでいない」、大野智(38)も「グッズも買ってね」と笑顔を見せた。

   青木理(ジャーナリスト)「眼力がスゴイ。個性的な人のピックアップは彼が仕切っていた。今後のジャニーズの有り様は変わっていくのではないか」

   玉川徹(テレビ朝日解説委員)「同じようなシステムの会社はないですよね。唯一無二。その重みはすごいですよ」

   司会の羽鳥慎一「1日も早い回復が望まれます」

みっちゃん

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中