2019年 8月 26日 (月)

G20報道における安倍ヨイショぶりが目立ったNHK。参議院議員選挙の応援か
<G20大阪サミット関連報道>(NHK総合)2019年6月28日29日

印刷
ロート製薬『セノビック』500円モニター募集!

   キラ星のごとき世界の指導者たちが集まったG20なので、力瘤が入るのは当然であるが、NHKの時間の割き方は異常だった。スタジオでは、例の会長さんズ・ペット(?)の岩田明子記者を紅一点に、アメリカや中国などの特派員のボスたちが侍り、あーだこーだ。しかし、話している内容は特派員らしい格別なスクープもなく、テレビを見ている一般人のわれわれでも予想ができる程度のものだけ。

   最も筆者が気になったのは、「これは壮大な選挙の事前運動ではないか」と思えるほど、安倍首相をフォーカスしていたことだ。記念撮影や迎賓について彼が中心にいるのは仕方がないとしても、持ち回りで日本が議長になっただけの役割を、あたかも安倍本人の格別な才覚・もてなしのようにヨイショするのはいかがなものか。

   7月にある参議院議員選挙に有利に働くように、2000万円でミソつけた与党の印象を好転させる深謀遠慮を、この局も片棒担いていたといったら言い過ぎか。しかも、不愉快なのは、首相の大チョンボともいえる「大阪城のエレベーター」発言については、民放より遥かに首相寄りで、萩生田内閣官房副長官の言い訳代弁ばかり何度もニュースで取り上げていた。これって、放送局の政治的偏りではないのか。あのエレベーター発言は、明らかに安倍晋三が弱者に対する目がないということである。家庭でも小さきもの弱きもの・幼児を育てた経験のない人には自分より下の者への思いが欠ける。(放送2019年6月28日29日)

(黄蘭)

採点:0
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中