2020年 11月 26日 (木)

五輪チケット「敗者復活」落選した人にもう一度チャンス!8月に再受付

無料保険相談で【A5ランク黒毛和牛】必ずもらえるチャンス!

   東京オリンピック・パラリンピックの大会組織委員会は、先月(2019年6月)の観戦チケット抽選で1枚も当たらなかった人を対象に、もう一度抽選申し込みを受ける「セカンドチャン」を8月に実施すると発表した。

   古谷有美アナ「太一さん、うれしいかぎりですよね」

   司会の国分太一は1回目の抽選で160万円分のチケット抽選申し込みをしたが全滅だったのだ。「そりゃあ、もちろんですが、なにが凄いって、IDが登録されているから、落選した人がすぐわかるんですよね」

   街で聞いてみると、「ああ、必ず申し込みます。前回は4種目ぐらい申し込んで、全部落ちましたから」「めちゃくちゃうれしいです」と大歓迎だ。

1人1枠予選のみってケチ臭い

tv_20190705144724.jpg

   再申し込みは前回の落選者のみで、前回申し込まなかった人や当選したのに購入した人は対象外だ。また、1人1枠で、競技は予選中心になる。

   国分「ここをなんとかしてくれないですかねえ」

   堀尾キャスター「せめて5つくらいはねえ」

   組織委員会の古宮正章副事務総長は「一定の在庫余力が見えてきたので」と説明しているが、当選者は当選した競技・種目などのチケット代金の全額を2日(2019年7月)までに振り込むことになっていた。1部キャンセルは認められなかったから、当選したものの全額を振り込めない人から想定以上のキャンセルが出たのではないか。開会式の30万円の席が2枚当たってしまった若者はとても払えなかっただろう。

   また、秋の先着順販売を中止して、3回目の抽選申し込みに変更になった。

   国分「今度こそ、うれしい報告をしたいです」

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CAST テレビウォッチ
アクセスランキング
  1. 唐沢寿明「24 JAPAN」人気上昇。本家「24」知らない人は「こんなにハラハラドキドキするドラマはない」。本家ファンも「色々ツッコミ所はあるが、頑張っているから最後まで見る」
  2. 近藤真彦の不倫騒動、ジャニーズ事務所は「なかった」ことにしようとした。松本人志が事務所の大きさに関わらず「平等に扱うべきだ」と真っ当な意見を述べた。さらに妻が「離婚する」と突き放し、近藤もケジメをつけなくてはならなくなった。俺にはメディアを潰せる「権力」があると豪語した近藤は、 テレビアナたちが嬉しそうに不倫騒動を語るのを、どんな思いで見たのか。
  3. 眞子さんは穏やかそうに見えて、秋篠宮家の中でも最も性格が強いという。声明の「生きていくために必要」というのは、換言すれば"結婚できなければ世を去ります"とも受け取れ、周囲は眞子さんの覚悟の凄さにひれ伏した。眞子さんに密かにエールを送っていたのが当時、皇太子だった天皇だというのだ。
  4. 「不倫の心配ナシ?」芸能人で最も仲の良い夫婦ランキング...DAIGO・北川景子、三浦友和・山口百恵を引き離したダントツ1位はあのサッパリカップル。キムタク・工藤静香が意外に苦戦
  5. 「旭川だけではもたない」...コロナ病院クラスター発生で医療従事者不足が深刻!「本州から応援を」医師会も悲痛な叫び
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中