2019年 8月 19日 (月)

<凪待ち>
香取慎吾が素晴らしい!「アイドル」脱ぎ捨てどうしようもないクズ人間を熱演

印刷
今ならなんと30日分が実質無料!『まるっと超熟生酵素』

石巻の海に沈んでいる『3・11』

   石巻の海の底には震災の残骸が未だに眠っている。震災の悲しみが癒えぬ街から聞こえる海の音が、登場人物たちの呼吸と何度も重なり合う。街も登場人物も海も、いつかは穏やかな日々が送れるように「凪」を迎えることを願うように何度も何度も重なり合っていく。

   誰もが心に傷を負っている。それでも生きていかなければならない。勝美が末期がんにも関わらず漁に出るのは、震災で妻を失くし、助けに行けなったことを今でも悔いているからで、妻と出会わなければ漁の仕事もしていなかった。絶望から立ち上がり這いつくばる「覚悟」が、激しい波風――生き方であり、その対価として「凪」という状態が人生にはやって来るのだろう。

丸輪太郎
おススメ度☆☆☆

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中