2019年 12月 14日 (土)

和菓子店の冷蔵庫から大学生の娘の遺体が!店主の父親は自殺「いったい何があった?」

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   きのう7日(2019年7月)午前1時ごろ、東京都荒川区の和菓子店の業務用冷蔵庫から、経営者の長女で近くに住む大学1年の木津いぶきさん(18)の遺体が発見された。約4時間後には行方の分からなかった父親(43)が30キロ離れたさいたま市内の河川敷で首をつって死亡しているのが見つかった。警察は自殺と見ている。

   キャスターの水卜麻美アナ「親子の間で何があったのか」

   「スッキリ」は事件前の家族のやり取りを取材した。

「気持ちのいい人で、家族仲もよかった」

tv_20190708111712.jpg

   おととい6日午前7時ごろ、父親が自宅から店に向かった。いぶきさんもアルバイトのため自宅を出たが、このバイト先には現れなかった。午後6時半ごろ、いぶきさんの母親に、夫である父親から「手首を切った。川に沈んで死ぬ」という電話があった。

   同じころ、弟にも「店で娘を切った、死にたい」の電話があり、母親が警察に届けを出していた。いぶきさんの遺体の首に絞められたような跡があった。

   いぶきさんは「静かな人で、バレエを習っていたと聞いた」(小学校の同級生)、父親は「気持ちのいい人で、接客も丁寧でした」(近所の女性)という。

   大竹真リポーター「店は客もつき、しっかりと地元に根付いていました。近所では家族仲が悪い話は聞きません。父親は店が終わると、飲食店の宅配アルバイトをしていたそうです」

   司会の加藤浩次「冷蔵庫に(遺体を)入れていたというのはなんですかね?」

   橋本五郎(読売新聞特別編集委員)「大事な娘だからという気持ちがあったのかもしれない。深い事情が2人の間にあったか、それしか考えられない」

文   あっちゃん | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中