2020年 11月 29日 (日)

女性に下着の入った封筒をせっせと投函していた51歳男 なんと職業が郵便局員だった!

家計を圧迫する固定費支出!保険の見直しで貯蓄率UPできるかも!?

   ピンク、ブルー、黄色、赤、白......大きさもいろいろ。その数100枚以上。番組冒頭の画面いっぱいに女性用の下着が並べられている。「自分が送った下着をはいてもらいたかった。自分がはいたものもある」といっているのは、今月3日(2019年7月)、建造物侵入容疑いで北海道帯広市の51歳の男が再逮捕された。

   今年3月(2019年)から先月にかけて、女性が住んでいるマンションの敷地に入った疑いがもたれている。目的は女性宅のポストに下着が入った封筒を投函するため。驚くのは、男の職業は郵便局員だったこと。「配達中にかわいい子やきれいな子をみて、投函する部屋のポストを探して選んだ」という。被害者の1人は10枚以上も送られたと話している。帯広市内では約20件の同じような被害があり、警察は余罪を追及している。

tv_20190709115301.jpg

「配達中にきれいな子をみて、投函するポストを選んだ」

   下着はインターネットで買ったという。送られた封筒には住所氏名が書かれ、切手も貼られ、消印も押されていた。消印後も封筒の大きさや投函時間などから自分が担当する区域に割り当てることが可能だという。

   街の女性たちは「自宅が分かっているのが怖い。気持ち悪い」「(郵便局員は)身近な存在なのに、信用できなくなってしまう」と語る。

   男は約35年郵便局に勤務しており、近所の人は「真面目、無口。アルバイトの時から配達をしていた」と話す。

   司会の小倉智昭「ただ、女性の家のポストに下着を投函するだけでは罪にならないと弁護士の若狭勝さんがおっしゃっていましたよね。それで、住居不法侵入になるんですね」 キャスターの伊藤利尋「手続きとしては、投函をして郵便局で消印を、という流れがありますので、これからどういう罪になるか、注目したいと思います」

   小倉「容疑者は自分の業務中に郵便物として配達しているわけで、それでも住居不法侵入になるのかしら」

   キャスターの山﨑夕貴「でも、やっぱり、なにか罪を与えてもらえないと、女性としては怖いと思います」

一ツ石

文   一ツ石| 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CAST テレビウォッチ
アクセスランキング
  1. 菅義偉は疲労の極に達している。主な要因はコロナ対策と経済回復を同時にやろうとする菅を忖度しない尾身茂分科会会長だ。官邸スタッフは「政府の組織なのだからこっちの意向に沿って発言しろ、と。ところが尾身さんは無視して危機を訴える。総理は怒っていますが、下手に圧力をかければ学術会議の二の舞になるのでイライラが募っている」という
  2. 学校の健康診断で「上半身裸」になることが問題に!医師は3つの理由があるというが、立川志らくは「裸のまま移動する必要あるの?」
  3. 「エール」最終回コンサートに感動の渦!「本物の紅白でもやってほしい」「みなさん歌が上手でビックリ」「岩城さんのイヨマンテ、マジ凄すぎる」
  4. <エール>(最終回・11月27日金曜放送)
    まるでカーテンコール! 「エール」の人気キャラクター勢ぞろいでコンサート。紅白歌合戦さながら特別編のプレゼント
  5. 安倍晋三の「桜を見る会」事件が永田町を震撼させている。東京地検特捜部が安倍の事情聴取に踏み込むのか、特捜部にその"覚悟"があるのかに注目が集まる。しかし、ポストによると同じ疑惑の構図が菅義偉にもあるという。官房長官時代に毎年横浜のホテルで開いていた「菅の春の集い」がそれだ。
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中