2019年 7月 16日 (火)

ロンバケ高視聴率女・山口智子が選んだ脇役、新宿の母。相変わらずのニコニコ顔で、壮大な朝ドラの番宣
<あさイチ>(NHK総合)

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   この日のプレミアムトークのゲストは山口智子。その直前の『なつぞら』に新宿のおでんや「風車」の女将・岸川亜矢美役で、ド派手な衣装を着て出演している。つまり、壮大な番組宣伝である。山口は昔の朝ドラ、『純ちゃんの応援歌』でオーディション合格した。その時のウブな山口の映像を出して、さらに合格決定を本人に伝える場面まで彼女に見せる。制作者側の上から目線がいやらしい。
   山口はフラメンコを習っているが誰にも見せず、自宅の防音室で密かに踊るとか。旅好きで長い時は1か月も外国にいる。一方、夫の唐沢寿明はブルースリーとクラシックカーのマニアで、趣味が真反対。いつも違う方向を向いて夫々が好きなことをしている由。
   驚異的な視聴率で突っ走った木村拓哉と山口主演の『ロングバケーション』の最終回のキスシーンや、部屋から俯瞰で山口を見下ろす場面など、おいおい、他局のヒットドラマを回顧してどうするんだ、NHK。物欲しそうだナ。まあ、それは置いといて。
   久しぶりの朝ドラ出演で、この岸川亜矢美の山口はニコニコ顔で楽しそうに演じている。プー太郎同然の「なつ」の兄、咲太郎(岡田将生)の新宿の母ぶりは、昭和30年代にいかがわしさで大繁盛だった新宿2丁目の猥雑な賑わいを思い出させるシーンである。年も取ったし、視聴率も望めなくなったし、相変わらず綺麗だが、かつての栄光を捨てて、こういう印象深い脇役を選んだのは利巧かも。(放送2019年7月5日8時15分~)

(黄蘭)

採点:0.5
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中