2020年 11月 28日 (土)

ジャニー喜多川と結婚説流れた黒柳徹子「それ以来、旦那さんって呼んでた」

iDeCo、NISA~不動産投資まで、あなたにあったセミナーが見つかる!

   ジャニーズ事務所のジャニー喜多川社長の市況は海外の芸能マスコミも大きく伝えた。アメリカの「ビルボード」はウェブサイトで「日本の音楽業界で最も力を持った人物が亡くなった」、タイのウェブメディア「SANOOK」は「日本のエンターテインメント業界は大きな存在を失った」、中国の「ウェイボ」では喜多川氏の訃報が検索ランキングの1位になった。

   近藤真彦、大野智、手越祐也、堂本光一、長瀬智也、岡田准一らジャニーズ事務所所属のタレントが追悼コメントを発表しているが、黒柳徹子もエピソードを紹介した。

   「身なりは構わなくて、いつも同じ服を着ていました。食事もファミリーレストランのデニーズがお好きだった。でも、ラスベガスまでショーを見に行ってしまう方です」

   60年前に黒柳がジャニーと結婚するという怪文書がばらまかれたことがあったという。「それ以来、私はジャニーさんのことを、旦那さんと呼んでいました。60年間、旦那さんでいてくれてありがとう」

ファミレス好きだったが発音が完璧だったので通じなかった「ビーフストロガノフ」

tv_20190711114804.jpg

   司会の国分太一「実際に結婚してたんじゃないですかね。二人とも怪物。お似合いです」

   テリー伊藤(タレント)「ジャニーさんは口下手だし、黒柳さんとは合うかもしれない」

   国分「黒柳さんのおっしゃる通り、食事もファミレスが好きで、一緒に行って、僕がステーキを頼むと、ジャニーさんはビーフストロガノフを頼む。でも、完璧な発音で『Beef stroganoff』と注文するから、店員さんは何を言っているかわからない」

文   バルバス| 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CAST テレビウォッチ
アクセスランキング
  1. 菅義偉は疲労の極に達している。主な要因はコロナ対策と経済回復を同時にやろうとする菅を忖度しない尾身茂分科会会長だ。官邸スタッフは「政府の組織なのだからこっちの意向に沿って発言しろ、と。ところが尾身さんは無視して危機を訴える。総理は怒っていますが、下手に圧力をかければ学術会議の二の舞になるのでイライラが募っている」という
  2. 学校の健康診断で「上半身裸」になることが問題に!医師は3つの理由があるというが、立川志らくは「裸のまま移動する必要あるの?」
  3. 「エール」最終回コンサートに感動の渦!「本物の紅白でもやってほしい」「みなさん歌が上手でビックリ」「岩城さんのイヨマンテ、マジ凄すぎる」
  4. <エール>(最終回・11月27日金曜放送)
    まるでカーテンコール! 「エール」の人気キャラクター勢ぞろいでコンサート。紅白歌合戦さながら特別編のプレゼント
  5. 安倍晋三の「桜を見る会」事件が永田町を震撼させている。東京地検特捜部が安倍の事情聴取に踏み込むのか、特捜部にその"覚悟"があるのかに注目が集まる。しかし、ポストによると同じ疑惑の構図が菅義偉にもあるという。官房長官時代に毎年横浜のホテルで開いていた「菅の春の集い」がそれだ。
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中