2019年 7月 23日 (火)

「かんぽ保険」営業手当稼ぐため二重契約や新規偽装!社長らようやく認めて謝罪

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   日本郵政傘下のかんぽ生命が顧客に不適切な契約を行なっていたとして、植平光彦社長らはきのう10日(2019年7月)に会見して、ようやく謝罪した。営業担当者が自分の手当を増やすため、複雑な契約が飲み込めない高齢者につけ込んだ部分があったといい、不適切な契約件数は6万9000件にもなった。

   当初、長門正貢・日本郵政社長は「しっかりお客様のサインをいただいている案件ばかり。ルール違反はない」と開き直っていたが、植平社長は一転、平謝りとなった。

高齢者にはわかりにくい複雑な契約

   「不適切」は2つあって、1つは二重契約。保険見直しの際、旧契約の保険を6か月ほど先延ばしにしたまま新契約をして、保険料を二重にとっていた。これが2016年から去年12月までで2万2000件。

tv_20190711124458.jpg

   もう1つは無保険で、保険契約が切れた後も再契約を4~6か月先延ばしにしていた。この間に何かあっても、保険金は支払われなかった。これが4万7000件あった。

   いずれも、販売担当の営業手当に関わることで、通常の「乗り換え」だと手当が半額になるため、新規契約の形をとって手当を満額にしていた。営業担当の収入は、基本給+営業手当となっているが、「ゆうちょ銀行」や「日本郵便」に比べ、「保険」の手当は大きいのだという。

   元営業担当者は「契約が取れるといい収入になった」と話した。高齢者が多いかんぽ生命の契約者はうるさく言わない人が多く、担当者は「お客様は詐欺のように感じているんじゃないか」という。

   一方、窓口で販売する郵便局員へのノルマは厳しいという。契約の少ない社員はペナルティ研修を受けさせられたり、怒鳴られたりのパワハラまがいもあったらしい。元販売担当者は「いつかはこうなるんじゃないかと思っていた」と話す。

不適切販売じゃなく不正

   保険評論家の山野井良民さんは「悪質ですね。不適切というより、不正行為と言っていい。とくに、お年寄りが被害にあっています。社会的にも大きな問題です」

   司会の小倉智昭「顧客にとってお得ですよというものなのに、営業担当者の自分のためじゃないか」

   三浦瑠麗(社会学者)「無保険の間に死んだら、保険金が受け取れない。ものすごいリスクを負わせている」

   山野井さん「お年寄りだと、わからないまま結構満足してる人が多いんです。聞き取り調査しないといけないですね」

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中