2019年 10月 18日 (金)

ホームセンター「カインズ」この夏のバカ売れ商品はコレ!人気は消臭・除菌・冷感機能

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   全国に219店舗を展開し、日用品や生活雑貨など10万点以上の商品を取り扱うホームセンター「カインズ」のバカ売れ商品を調査した。カインズはオリジナルのアイディア商品が人気で、たとえば「積み重ねられる収納ボックス」はシリーズ累計400万個、立つホウキは累計35万個売り上げている。調査はテニスコート44面分の売り場面積を誇るカインズ幕張店で実施した。

   まずキッチンコーナーから。「縦にも横にも置ける冷水筒」、「小さじ1杯が出る調味料入れ」、「片手で開け閉めができる保存容器」のうち、一番売れているのはどれか。正解は「冷水筒」で年間15万個売り上げた。

ひんやりで熟睡

tv_20190711132511.jpg

   洗濯グッズでは、ドアにも水平にかけられる「楽カケ室内・小物用ハンガー」、「バスケットにもなる洗濯ネット」、衣装ダンスに吊り下げられる「掛けて収納できるアイロン台」の三択。累計50万個売り上げたのはハンガーだった。

   おススメ夏グッズとしては、「もっとひんやり消臭敷きパッド」、オゾンの力で消臭・除菌効果があり部屋干しにも使える「消臭・除菌機能付きライフファンミ二」、濡らして振り回すだけで冷たいタオルになる「接触冷感・抗菌防臭アイスタオル」も売れていて、なかでも「消臭敷きパッド」45万個売り上げたという。

   司会の国分太一「楽しい!」

文   バルバス | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中