2020年 11月 28日 (土)

「ポカリスエット」どうしたらいいの?中国寄りテレビからCM撤退したら・・・香港では売り切れ、本土では不買運動

無料保険相談で【A5ランク黒毛和牛】必ずもらえるチャンス!

   清涼飲料「ポカリスエット」が香港と中国の対立に巻きこまれ、不買運動まで起きてしまった。9日(2019年7月)、大塚製薬の香港法人は「現在の状況を考慮して、TVBテレビでの宣伝を取りやめることを決定しました」と発表した。香港ではTVBは「中国寄り」と見られていて、「逃亡犯条例」改正案の反対デモの現場では、TVBのカメラマンは「香港を裏切った」「帰れ、帰れ」と罵声が浴びたりする。

   CM撤退を香港は大歓迎で、「これからは、ポカリスエットだけを支持する。デモ行進の必須用品だ」「TVB反対運動を支持!もう買った。今シーズンの一押し」などという書き込みが続いている。一部の店では、品薄や売り切れも出ているという。

「この水には毒がある。飲むな」SNSで拡散

   ところが、中国本土で思わぬ反撃にあった。大塚製薬の中国法人が「中国のポカリスエットと香港のポカリスエットはまったく別の経営主体であり、本土のポカリスエットは『一国二制度』を断固擁護し、社会秩序を暴力で破壊するすべての行為に反対する」(環球時報)という声明を出したのだ。

tv_20190712120051.jpg

   SNSでポカリスエットの不買運動の呼びかけも始まった。「この水には毒がある。飲むな」「飲んだら人が壊れちゃう。これは毒水だと断定」と過激だ。

   慌てた香港法人は「私たちのメッセージによって、ご不便をかけてしまい、大変申し訳ございません」という追加コメントを出した。

文   ヤンヤン| 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CAST テレビウォッチ
アクセスランキング
  1. 菅義偉は疲労の極に達している。主な要因はコロナ対策と経済回復を同時にやろうとする菅を忖度しない尾身茂分科会会長だ。官邸スタッフは「政府の組織なのだからこっちの意向に沿って発言しろ、と。ところが尾身さんは無視して危機を訴える。総理は怒っていますが、下手に圧力をかければ学術会議の二の舞になるのでイライラが募っている」という
  2. 学校の健康診断で「上半身裸」になることが問題に!医師は3つの理由があるというが、立川志らくは「裸のまま移動する必要あるの?」
  3. 「エール」最終回コンサートに感動の渦!「本物の紅白でもやってほしい」「みなさん歌が上手でビックリ」「岩城さんのイヨマンテ、マジ凄すぎる」
  4. <エール>(最終回・11月27日金曜放送)
    まるでカーテンコール! 「エール」の人気キャラクター勢ぞろいでコンサート。紅白歌合戦さながら特別編のプレゼント
  5. 安倍晋三の「桜を見る会」事件が永田町を震撼させている。東京地検特捜部が安倍の事情聴取に踏み込むのか、特捜部にその"覚悟"があるのかに注目が集まる。しかし、ポストによると同じ疑惑の構図が菅義偉にもあるという。官房長官時代に毎年横浜のホテルで開いていた「菅の春の集い」がそれだ。
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中