2019年 8月 19日 (月)

埼玉・蕨「住宅侵入刺傷」3つの謎!忍び込みルート、犯行目的、発生時刻・・・

印刷
今ならなんと30日分が実質無料!『まるっと超熟生酵素』

   埼玉県警はきのう16日午前3時半ごろ(2019年7月)、埼玉県蕨市の住宅で高校2年生(17)の首を刺さして逃げた男を殺人未遂容疑で追っている。「とくダネ!」は3つの謎を追った。

   1つは「どこから侵入したか」だ。家族は被害者の高校生、父親、内縁関係の女性の3人で、高校生は2階に寝ていた。玄関のカギはかかっており、ここから侵入した形跡はなかった。家のすぐ外側に電柱があり、下にエアコンの室外機を据え付けられており、それを踏み台に電柱を登った可能性がある。

   2つ目は犯行の目的だ。室内が荒らされた跡はなく、金品目的ではなかったとみられる。近所の人によると、家族は半年ぐらい前に引っ越してきたが、トラブルは聞いていないという。

   3つ目は午前3時半という発生時刻だ。現場でリポーターの田中良幸は「けさ(2019年7月17日)同じ時刻を取材しましたが、一帯は住宅街で人の気配はありませんでした」と報告する。

被害者の高校生を狙ったとは限らない

tv_20190717122702.jpg

   警視庁元刑事の吉川祐二氏は「ふだんは新聞配達の時間ですが、その日は休刊日でした。それを狙った計画的犯行と言えるかもしれません。下見もしたと思いますので、窃盗目的ではないような気がします。ただトラブルは、本人がないと思っても、気づいていないことがあり、現段階では高校生を狙ったとは言い切れないと思います」と語る。

   司会の小倉智昭「分からないことが多いですね」

   デーブ・スペクター(放送プロデューサー)「ちょっと不可解ですね」

   深澤真紀(コラムニスト)「首ですよね。脅すというより、殺意を感じます」

   逃走中の男は20~30代ぐらいで身長175センチぐらい、やせ形。逃走時は薄いグレーの作業着と黒色のズボンをはいていたという。

文   一ツ石 | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中