2020年 11月 28日 (土)

<なつぞら>(第95話・7月19日金曜放送)
夕見子を連れ戻そうとじいちゃんが十勝からやってきた!そして駆け落ち相手を・・・

健康への新アプローチ。大正製薬の乳酸菌入りごぼう茶が初回たったの980円。

   男性と一緒に東京にいることを、なつ(広瀬すず)が十勝の家族に連絡してしまったことを知った夕見子(福地桃子)は、怒りが治まらない。駆け落ちの相手、高山(須藤蓮)を連れ、おでん屋「風車」に乗り込んできた。

   「東京を出ていく」と激高する夕見子。十勝にいる家族のことを考えると、なつも引くわけにはいかない。2人は激しく言い合う。そのやりとりを聞いていた高山が、ある告白をする。それがきっかけに、今度は夕見子と高山が口論となってしまった。

   その様子を店の外から密かに見ていたのは、十勝からやってきたじいちゃんの柴田泰樹(草刈正雄)だった。なつからの知らせに、いてもたってもいられなくなり、上京したようだ。

高山の暴言に怒ったじいちゃんはぶん殴った

tv_20190717160053.jpg

   高山はなつや咲太郎から非難され、「駆け落ちがうまくいくなんて思っていなかったんだ。自由になって飯も作れん女と結婚したって、しょうがないべ」と暴言を吐く。それを聞いていた泰樹は高山を思いっきり殴った。

   逃げるように去っていく高山。涙をいっぱい溜めてじいちゃんに抱きつく夕見子。

   翌朝、じいちゃんと夕見子は北海道に帰るため駅に向かっていた。見送りについてきたなつは「ほんとに、すぐ帰っちゃうの」と名残惜しそうだが、「牛より人が多いところは落ち着かん」なんてじいちゃんは言う。そして、ぽつりと「パフェというのを食べてみたい」

   夕見子は大喜びで案内した。(NHK総合あさ8時)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CAST テレビウォッチ
アクセスランキング
  1. 菅義偉は疲労の極に達している。主な要因はコロナ対策と経済回復を同時にやろうとする菅を忖度しない尾身茂分科会会長だ。官邸スタッフは「政府の組織なのだからこっちの意向に沿って発言しろ、と。ところが尾身さんは無視して危機を訴える。総理は怒っていますが、下手に圧力をかければ学術会議の二の舞になるのでイライラが募っている」という
  2. 学校の健康診断で「上半身裸」になることが問題に!医師は3つの理由があるというが、立川志らくは「裸のまま移動する必要あるの?」
  3. 「エール」最終回コンサートに感動の渦!「本物の紅白でもやってほしい」「みなさん歌が上手でビックリ」「岩城さんのイヨマンテ、マジ凄すぎる」
  4. <エール>(最終回・11月27日金曜放送)
    まるでカーテンコール! 「エール」の人気キャラクター勢ぞろいでコンサート。紅白歌合戦さながら特別編のプレゼント
  5. 安倍晋三の「桜を見る会」事件が永田町を震撼させている。東京地検特捜部が安倍の事情聴取に踏み込むのか、特捜部にその"覚悟"があるのかに注目が集まる。しかし、ポストによると同じ疑惑の構図が菅義偉にもあるという。官房長官時代に毎年横浜のホテルで開いていた「菅の春の集い」がそれだ。
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中