2019年 8月 18日 (日)

どうしても高級電気外車に乗りたい千葉・市川市長!「リース料の差額を自腹で払う」

印刷
142万人に支持されるダイエットプーアール茶が今なら980円で!

   公用車としてアメリカの高級電気自動車「テスラ」を導入したい千葉県市川市の村越祐民市長(45)は、きのう17日(2019年7月)にリース料の一部を給与から負担すると発表したが、市民からは「そういう問題じゃないだろう」とかえって批判は強まった。

   テスラの「モデルX」の車両価格は約1100万円で、リース料はこれまでの国産車の月額6万円から14万5000円にはねあがった。市長は「先進的な電気自動車導入で市の環境政策をPRするため」と導入の理由を説明するが、市役所には市民からの意見が700件以上寄せられ、その9割以上が導入に反対だ。

市民は呆れ顔「そこまでして乗りたいの」「バカにするにもほどがある」

   市民の反発が強いことから、村越市長は国産車のリース料との差額8万5000円を自腹で負担し、使っていない時間は市民に貸し出すと言い出した。市民はこれにも呆れる。

tv_20190718113136.jpg

   「そこまでして乗りたいのかなと思います」「あと8万あったらって、私たちは頑張って働いているのに。なに、見せびらかしたいのって感じがします」「市民をバカにするにもほどがある」「必要ないでしょ、そんなもの。国産車で良いのがいっぱいあるんだから」と、怒りはますます炎上している。

   高木美保(タレント)「差額分を負担しますといっても、それも税金から出ている給与ですからね」

   玉川徹(テレビ朝日コメンテーター)「どうしてもやめないんだね」

文   キャンディ | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中