2020年 11月 28日 (土)

スクハラの相談窓口作って!先生の暴言で不登校になった経験訴え署名運動

スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   「お前は離婚家庭の子どもだからダメなんだ」

   中学時代にこんな暴言を担任教師から浴びせられ、不登校になった経験のある大学生が、教師によるハラスメントをなくそうと公的な相談窓口を作る署名運動を始めた。

   佐藤悠司さん(19)は私立の中高一貫校をほとんど不登校で過ごした。きっかけは中学2年生の時で、他の教師が大勢いる職員室で面罵されたことだった。体調を崩した佐藤さんは通学するのが難しくなり、学校から転校勧告を受けたという。

   この時は、父親が学校に抗議し、暴言を浴びせた担任教師は「不適切な発言があり申し訳ありませんでした」と謝罪したが、高校へ進学をしてからも転校勧告は続き、不登校となった、塾に通って昨年、早稲田大学教育学部に現役で合格した。

   佐藤さんはこの間、東京都教育委員会にも相談したが、「(管轄外のため)私立学校に指導はできない」と言われ、高校卒業を機に学校側にも保護者会への事実の公表と再発防止策の策定を求めたが拒否されたという。

先生による生徒への暴言・暴力の統計なし

tv_20190718152914.jpg

   スクールハラスメントに詳しい名古屋大学の内田良准教授は、「現状では、先生による生徒への暴言・暴力の統計がほとんどありません。指導の一環という形で解釈されることが多いからです」と話す。佐藤さんは「国や都教委、世田谷区に、集めた署名名簿と要望書を提出します」という。

   近藤春菜キャスター「相談窓口があり、第三者が入ることによって円滑に進むこともあり、大切な主張だと思います」

   司会の加藤浩次「先生も人間なので、感情的になることもあるでしょうが、生徒の自尊心を傷つけることは絶対に言ってはいけませんよね。自分の感情を満足させるために暴言を吐いているだけで、そうなると先生ではなくなる」

文   モンブラン| 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CAST テレビウォッチ
アクセスランキング
  1. 菅義偉は疲労の極に達している。主な要因はコロナ対策と経済回復を同時にやろうとする菅を忖度しない尾身茂分科会会長だ。官邸スタッフは「政府の組織なのだからこっちの意向に沿って発言しろ、と。ところが尾身さんは無視して危機を訴える。総理は怒っていますが、下手に圧力をかければ学術会議の二の舞になるのでイライラが募っている」という
  2. 学校の健康診断で「上半身裸」になることが問題に!医師は3つの理由があるというが、立川志らくは「裸のまま移動する必要あるの?」
  3. 「エール」最終回コンサートに感動の渦!「本物の紅白でもやってほしい」「みなさん歌が上手でビックリ」「岩城さんのイヨマンテ、マジ凄すぎる」
  4. <エール>(最終回・11月27日金曜放送)
    まるでカーテンコール! 「エール」の人気キャラクター勢ぞろいでコンサート。紅白歌合戦さながら特別編のプレゼント
  5. 安倍晋三の「桜を見る会」事件が永田町を震撼させている。東京地検特捜部が安倍の事情聴取に踏み込むのか、特捜部にその"覚悟"があるのかに注目が集まる。しかし、ポストによると同じ疑惑の構図が菅義偉にもあるという。官房長官時代に毎年横浜のホテルで開いていた「菅の春の集い」がそれだ。
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中