2020年 11月 25日 (水)

自ら墓穴を掘った吉本興業 突っ込みどころ満載、岡本社長グダグダ会見の一部始終

コロナで入院したら保険料はおりるの?FPに無料できいてみよう!

   芸人の闇営業問題で、吉本興業の岡本昭彦社長(52)がついにカメラの前に姿を現した。「皆さんの手が上がらなくなるまで受けます」と時間無制限で始まった記者会見。しかし、記者の質問と社長の回答がかみ合わない。5時間半も続いた会見は想定外のダラダラ、グダグダなものになった。

   岡本社長は会見の冒頭で宮迫博之と田村亮の2人に対して謝罪を行うとともに契約解除などの処分を撤回すると語った。さらに2人に対して改めてミーティングを行うこと、吉本の運営を芸人、タレントファーストで行うことも宣言した。

tv_20190723121104.jpg

「テープとってないだろうなは冗談、笑われなかったけど」

   しかし、質疑応答に移ると会場の空気は一変。「テープとってないだろうな」という発言の真意について聞かれると、延々と関係のない話を続ける。ようやく出てきた答えが「場を和ませようとした冗談だったが、全く笑われなかった」というもの。これには芸人や視聴者からも「冗談になっていない」「大人の対応ではない」と怒りと呆れの声がツイートされた。

   「クビ発言」がパワハラに当たるかどうかについても、答えをはぐらかせ続けたあげく、「相手がそう思っているならそうですね」とようやく認める始末。

   「(金銭授受を)今さらひっくり返せない」発言は、「現場を含め我々がパニックになった」。「テレビ局は株主なので大丈夫」発言は、社長ではなく小林良太法務部長が答えたが、「生中継の時間帯を配慮しなければいけないという意味」と、まったくかみ合わない。 社長自らの処分は1年間の減給50%として続投を宣言した。「岡本社長でなければできないことが何か」と突っ込まれると、しばしの沈黙の後、「皆に後で聞いておきます」と驚きの回答が。

   所属芸人たちも次々と声を上げている。タカアンドトシのタカ(43)は「加藤(浩次)さんにあそこ(経営陣が刷新されないなら吉本を辞める)まで言わせてしまった。僕らの思ったことが改善されないなら考えなきゃいけない」と批判した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CAST テレビウォッチ
アクセスランキング
  1. 唐沢寿明「24 JAPAN」人気上昇。本家「24」知らない人は「こんなにハラハラドキドキするドラマはない」。本家ファンも「色々ツッコミ所はあるが、頑張っているから最後まで見る」
  2. 近藤真彦の不倫騒動、ジャニーズ事務所は「なかった」ことにしようとした。松本人志が事務所の大きさに関わらず「平等に扱うべきだ」と真っ当な意見を述べた。さらに妻が「離婚する」と突き放し、近藤もケジメをつけなくてはならなくなった。俺にはメディアを潰せる「権力」があると豪語した近藤は、 テレビアナたちが嬉しそうに不倫騒動を語るのを、どんな思いで見たのか。
  3. 眞子さんは穏やかそうに見えて、秋篠宮家の中でも最も性格が強いという。声明の「生きていくために必要」というのは、換言すれば"結婚できなければ世を去ります"とも受け取れ、周囲は眞子さんの覚悟の凄さにひれ伏した。眞子さんに密かにエールを送っていたのが当時、皇太子だった天皇だというのだ。
  4. 「不倫の心配ナシ?」芸能人で最も仲の良い夫婦ランキング...DAIGO・北川景子、三浦友和・山口百恵を引き離したダントツ1位はあのサッパリカップル。キムタク・工藤静香が意外に苦戦
  5. 「旭川だけではもたない」...コロナ病院クラスター発生で医療従事者不足が深刻!「本州から応援を」医師会も悲痛な叫び
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中