2019年 8月 23日 (金)

千原ジュニアが指摘、岡本社長は会見でウケを狙ってすべっていた?「テープ回してないだろうな」も本当に冗談?

印刷
独自成分T21配合!日清食品のアレルライトハイパー。今だけ...

   吉本興業の岡本昭彦社長(52)が22日(2019年7月)に会見し、所属芸人が反社会的勢力の宴会に出席した闇営業問題について謝罪した。

   会見は5時間半と異例の長さだったが、記者からの質問に対し、岡本社長らが納得のいく回答はなかった。会見に出席した上路雪江レポーターは「とにかく長いというのが一番。長くなった理由はひとえに、準備不足。質問に答えられないんです。すごいと思ったのは、5時間半もかかって、結局真相は聞き出せなかった。ある意味、社長の作戦だったのではと思ってしまった」と話す。

tv_20190723130830.jpg

本当に冗談だったなら「ただの面白くない人」

   吉本の所属タレント、千原ジュニアも準備不足を指摘する。「やっぱり土曜日(宮迫博之と田村亮の会見)と比べてしまいますからね。単純に、30年間人前に出続けた人間とそうでない人間のスキルの差はあると思う。会見を開いたのが早すぎたと思います」と語った。

   岡本社長は、「お前らテープ回してないやろうな」と言った点については「冗談と言いますか、和ませると言いますか...。(宮迫らからは)全く笑われることもなく」と話した。一般の感覚からするとあり得ないが、千原ジュニアはこれが本当に冗談だった可能性も捨てきれないと見ている。

   「全員出て行かせて、『お前らテープ回してるんちゃうやろなー』っていうのは『緊張』に『緊張』。(本来なら)『緊張』に『緩和』で初めて笑いが生まれるものなので、本当に冗談だったとしたら、そこをはき違えた、ただただ面白くない人ですね」と言うのだ。

岡本社長がもう1回、すべったシーン

   千原ジュニアの見方では、岡本社長の「独特のユーモア」はほかにも披露された。記者から「トップを辞めて体制を一新しないのか? 岡本さんが社長を続けることでしかできないことは?」と聞かれると、岡本社長は「う~ん...」としばらく間をあけて「みんなに後で聞いときます」と回答、記者団を呆れさせたが、これがウケ狙いだっというのだ。

   「笑いを狙いにいってスベッたんですよ。もっとウケると思ったんじゃないですか?」と千原ジュニア。

   上路レポートターは「本当に? 結構な追及を受けている最中だったので、記者たちは『本当に分からないのだろうか、この人は』って受け止めて、全員失笑だったんですけど」と心底驚いた様子だった。

   「岡本、アウトー」という声が何回も聞こえてきそうな会見だ

文   ピノコ | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中