2019年 8月 17日 (土)

〈ルパンの娘/第3話〉(フジテレビ系)
泥棒一家の長女・華の素性を暴こうとする警察一家の母親。日本刀を見事な身のこなしでかわす華に、ますます疑いを深める

印刷
独自成分T21配合!日清食品のアレルライトハイパー。今だけ...

   「Lの一族」と呼ばれる泥棒一家の長女・三雲華(深田恭子)と結婚の約束をしている警視庁捜査三課刑事・桜庭和馬(瀬尾康史)の家族は、なんと全員が警察官、犬まで警察犬という「警察一家」だった。和馬と和馬の父親で警視庁警備部SAT隊長・典和(信太昌之)とともに三雲家を訪れた母親・美佐子(マルシア)は、その古びた一軒家の生活臭のなさに違和感を覚えた。

   鑑識課職員の知識と技術を駆使して三雲家で指紋を採取したり、華を自宅に呼んで料理を手伝わせて血液型を調べたりして、華の素性を暴こうとする。愛する息子のため「あの女の正体を突き止めてみせる」と並々ならに執念だ。

   そして、和馬が帰宅すると、美佐子は華に和馬の祖父・和一(藤岡弘、)を呼びに行かせる。かつて「鬼の桜庭」と恐れられた元敏腕刑事の和一が、いきなり日本刀を抜いて切りかかってくると、華は見事な身のこなしでかわした。それを見た美佐子、ますます疑いを深めるのだった。

和馬との交際に反対していた華の祖母が、なぜか和馬を助ける作戦を...

   ところで、三雲家の一軒家に生活臭がないのは当たり前。そこは近くの高級タワーマンションに通じる秘密の出入り口に過ぎず、一家の本当の住まいはタワマンの上層階にある。高級な家具や調度に囲まれた部屋で、父親・尊(渡部篤郎)と母親・悦子(小沢真珠)は華に対し、「別れなさい」「お前はLの一族をつぶすつもりか!?」と迫る。まさに四面楚歌の華だ。

   そんなとき、華の兄で引きこもりの天才ハッカー・渉(栗原類)から、IT企業の社長が脱税した金である王国の秘宝を落札したとの情報が入り、Lの一族の次のターゲットが決まった。だが、尊と悦子は秘宝を盗み出すことに成功したものの、別の強盗にまんまと横取りされてしまった。

   一方、華の祖母で伝説の鍵師・マツ(どんぐり)は、SNSで目を付けた金持ちを狙う強盗の担当になった和馬にあるSNS事件を解決させるべく、華にある作戦を授ける。マツは華と和馬の交際に反対していたはず。何か裏がありそうだ。

   毎回、深田がセクシーな泥棒コスチュームで見せるキケッキレのアクションシーンも必見!(2019年7月25日よる10時放送)

寒山

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中