2020年 11月 24日 (火)

不適切ではすまない殺人一歩手前の投稿動画!後ろから近づき頭に火炎噴射―撮影者は「ハハハハ」

無料保険相談で【A5ランク黒毛和牛】必ずもらえるチャンス!

投稿者たちすぐ捕まえろ!暴行罪や傷害罪

   麻布消防署の坂口隆夫・元署長は「噴射剤は可燃性ガスで、火をつければすぐに着火します。一歩間違えば一瞬で(着ている服が)燃え上がりますから、消すことが厳しい、非常に危険な行為です」と呆れる。火をつけた男は、被害者のやけどの程度によって、暴行罪または傷害罪に問われるという。

   司会の羽鳥慎一「人の頭に火をつけた男と、撮影している人が笑ってるんですよね」

   玉川徹(テレビ朝日コメンテーター)「何の気なしにやったことが、人体にとんでもない大きな障害を残すということが想像できないのは、すごく問題ですね」

   浜田敬子(「ビジネスインサイダージャパン」統括編集長)「来年はオリンピックもあります。少なくともライターのように着火するものは持って入れない時代になっていると思います」

文   キャンディ| 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CAST テレビウォッチ
アクセスランキング
  1. 「不倫の心配ナシ?」芸能人で最も仲の良い夫婦ランキング...DAIGO・北川景子、三浦友和・山口百恵を引き離したダントツ1位はあのサッパリカップル。キムタク・工藤静香が意外に苦戦
  2. 眞子さんは穏やかそうに見えて、秋篠宮家の中でも最も性格が強いという。声明の「生きていくために必要」というのは、換言すれば"結婚できなければ世を去ります"とも受け取れ、周囲は眞子さんの覚悟の凄さにひれ伏した。眞子さんに密かにエールを送っていたのが当時、皇太子だった天皇だというのだ。
  3. 「NHK受信料不払いに割増金の罰則」に怒り殺到!「NHKを見ない権利を認めろ」「契約した人だけが見るスクランブル放送に」「受信料の是非を国民投票に」「海外出張中も受信料取られた」
  4. 「ブリが28万匹あまっています。送料無料。4割引で買って」SNSの呼びかけが大人気。番組が高知県の漁協を訪れると...
  5. 近藤真彦の不倫騒動、ジャニーズ事務所は「なかった」ことにしようとした。松本人志が事務所の大きさに関わらず「平等に扱うべきだ」と真っ当な意見を述べた。さらに妻が「離婚する」と突き放し、近藤もケジメをつけなくてはならなくなった。俺にはメディアを潰せる「権力」があると豪語した近藤は、 テレビアナたちが嬉しそうに不倫騒動を語るのを、どんな思いで見たのか。
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中