2019年 11月 15日 (金)

気弱で周囲に気を使ってばかりいて、プッツンした大島凪(黒木華)の、人生リセットは成功するか
<凪のお暇 第1回>(TBS系)

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   いかにもカツラでございという感じのストレートなロングヘアをしていた内向的女性の大島凪(黒木華)は、恋人の我聞慎二(高橋一生)が人にぺらぺらと、凪が「貧乏くさくて無理」と言っているのをたまたま聞いて、ショックのあまり過呼吸で倒れ、病院に運ばれる。実は彼女はクルクルの天然パーマで、慎二が好きだというストレートヘアに、毎朝時間をかけてブローしていたのであった。

   プッツンしてしまった凪は、会社も辞め、荷物も捨て、布団だけ背負って癖っ毛のまま自転車に乗って立川のボロアパートに引っ越す。隣には正体不明だがイケメンの安良城ゴン(中村倫也)、2階には捨て物を拾ってくるおばあさんの吉永緑(三田佳子)、など不思議な連中が住んでいる。突然追ってきた慎二に引導を渡すと、慎二はマジで「ホントは彼女が好きなんだ」と号泣する。第1回を見ただけだが、「空気を読むのに疲れ果てた」28歳という設定は頷ける。

   ブラックな裏がありそうな安良城との今後や、貯金切り崩しで不安になって、またぞろ仕事を始めそうとか、今後の展開が期待できる。黒木華はホンワカした愛らしいキャラクターで好感が持てるし、イケメン2人衆との絡みも贅沢。取りあえず1回目をみた限りでは、今期おすすめドラマの1つである。子供の世界はいじめにピリピリ。OLの世界はKYにピリピリ。生き難い日常を、水の中で息をしている苦しさで表現するなど、演出にも工夫がみられる。(放送2019年7月19日22時~)

   (黄蘭)

採点:1
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中