2020年 11月 28日 (土)

枕元のスマホで寝てる間にやけど!?液体入りケースや充電器危ない

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   森田洋平アナが「枕元にスマートフォンを置いて寝ているという方、要注意です」と呼び掛けた。皮ふがただれてしまったという報告が相次いでいるという。埼玉県に住むさくらさん(仮名)は、液体入りのケースを付けたスマホを枕元に置いて寝ていたら、腕が腫れてしまった。

   「液晶を割ったらいけないと思って、画面を下にしてベッドの端に置いていました。ケースの上に腕が乗っていた状態だったと思います」

   腕に針で刺されたような痛みを感じて目を覚ましたが、虫刺されだと思ってそのまま寝てしまったという。朝起きると、腕は真っ赤に腫れ上がり、スマホケースの中の液体がなくなっていた。皮ふ科医に診てもらうと「化学やけど」と診断された。

   化学やけどは、皮ふが化学物質に触れて、やけどのようになる。強い酸性やアルカリ性の液体、灯油などが原因となる。国民生活センターが液体入りのスマホケースを調べたところ、灯油に似た鉱物油が使われていた。

   ポケットに入れっぱなしで持ち歩きも注意

   充電ケーブルの端子でも化学やけどを起こす。コンセントに差し込んだ充電ケーブルの先端の上に濡れたタオルを敷いて寝てしまい、頬に化学やけどを負った例が報告されている。タオルの水分が電気分解され、強酸や強アルカリを生成してしまったのだ。

   対策としては、液体入りのケースは寝るときは体から離れた場所に置き、日中もポケットなどに入れず、カバンに入れる。ポケットの中で液体がしみ出し、太ももやお尻をやけどをすることがある。

   充電器は、使わない時はコンセントから抜いておく。

   近江友里恵キャスター「夏の時期は、男性やお子さんは髪を乾かさないまま寝ちゃう人もいると思うので、気を付けた方がよさそうですね」

   化学やけどに気付いたら、大量の水で20~30分洗い流す。痛みが引かなかったり水ぶくれができたりしたら医師に相談する。

文   ピコ花子
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CAST テレビウォッチ
アクセスランキング
  1. 菅義偉は疲労の極に達している。主な要因はコロナ対策と経済回復を同時にやろうとする菅を忖度しない尾身茂分科会会長だ。官邸スタッフは「政府の組織なのだからこっちの意向に沿って発言しろ、と。ところが尾身さんは無視して危機を訴える。総理は怒っていますが、下手に圧力をかければ学術会議の二の舞になるのでイライラが募っている」という
  2. 学校の健康診断で「上半身裸」になることが問題に!医師は3つの理由があるというが、立川志らくは「裸のまま移動する必要あるの?」
  3. 「エール」最終回コンサートに感動の渦!「本物の紅白でもやってほしい」「みなさん歌が上手でビックリ」「岩城さんのイヨマンテ、マジ凄すぎる」
  4. <エール>(最終回・11月27日金曜放送)
    まるでカーテンコール! 「エール」の人気キャラクター勢ぞろいでコンサート。紅白歌合戦さながら特別編のプレゼント
  5. 安倍晋三の「桜を見る会」事件が永田町を震撼させている。東京地検特捜部が安倍の事情聴取に踏み込むのか、特捜部にその"覚悟"があるのかに注目が集まる。しかし、ポストによると同じ疑惑の構図が菅義偉にもあるという。官房長官時代に毎年横浜のホテルで開いていた「菅の春の集い」がそれだ。
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中