2019年 9月 17日 (火)

<ノーサイド・ゲーム/第3話>(TBS系)
存続危ういアストロズをNZ「オールブラックス」元選手が訪ねてきた・・・君嶋の味方なのか新たな敵なのか

印刷
日本最大級の動画配信サービス【U-NEXT】まずは31日間無料お試し

   本社経営戦略室から府中工場に飛ばされた総務部長兼ラグビー部アストロズゼネラルマネージャー・君嶋隼人(大泉洋)は、プラチナリーグ優勝を目指して新監督を連れてきて、新生アストロズはスタートを切った。

   経営戦略のプロを自任する君嶋は、アストロズの収支を何とか黒字化しようとするが、観客はまばらなうえに、その大半はただ同然でバラまかれたチケットでの入場者だった。おまけに、日本蹴球協会に多額の参加費を支払わなければならない。これでは収支の黒字化など無理だ。

観客まばら、選手は不満だらけ、キャプテンは大けが・・・

   君嶋はファン獲得のため、地域に密着した活動をしようと提案する。子供たちを対象にしたラグビー教室や老人ホームでの体操教室、街の清掃などのボランティア活動だ。「今は練習すべきではありませんか?」「このままでは優勝なんか無理ですよ」と納得しない選手たちを、君嶋は「グラウンドだけが君たちの戦場じゃないんだよ」と説得する。

   選手たちはクラブハウスに寝泊まりし、仕事以外は過酷な練習漬けなのに、さらにボランティア活動までさせられイライラを募らせていった。そんな選手たちをまとめようと頑張っていたキャプテン・岸和田徹が、練習中に怪我をしてしまう。

世界トップレベルのラガーマンだった七尾

   まさにどん底の君嶋とアストロズだったが、1人の若者がグラウンドにフラリと現れる。トキワ自動車海外事業部所属の新入社員・七尾圭太だ。七尾は中学生のときにニュージーランドに渡り、大学時代はニュージーランド代表チームのオールブラックスでプレーした経験を持つ、世界でも超一流のラガーマンだった。右脚を負傷して、一度はラグビーをあきらめた七尾が、アストロズを訪ねてきたのには、ある思いがあった。

   ネットでは、府中工場総務部員でアストロズのアナリスト・佐倉多英役の笹本玲奈のメガネ姿が「可愛すぎる」と話題だ。(2019年7月28日よる9時放送)

       

寒山

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中