2020年 11月 28日 (土)

〈なつぞら〉(第105話・7月31日水曜放送)
作品に対するこだわりの強い坂場。脚本が進まない状況に仲が声をかけるが、耳を貸そうとしない

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   長編映画を任された下山克己(川島明)に誘われて、「神をつかんだ少年クリフ」の演出をすることになった坂場一久(中川大志)。この作品が成功したら結婚してほしいと、なつ(広瀬すず)プロポーズした。なつは快諾し、長編映画の制作をなつも手伝うことになった。

   相変わらず作品に対するこだわりの強い坂場だった。そのため短編映画の時と同様に脚本がなかなかうまく進まない。見かねた仲務(井浦新)が坂場と神地航也(染谷将太)に声をかける。

「失礼な態度ですみません」となつが仲に謝る

tv_20190729154043.jpg

   仲「ストーリーが子供には難しすぎないか?」

   しかし、仲の意見に二人はまったく耳を傾けようとしない

   坂場「責任は、私がとるので好きにさせてください」

   神地「ストーリーも考えないと、作品に気持ちが込められません」

   良い作品を作ろうという気持ちは皆が持っていたが、なにしろ脚本が進まない状況に、下山も頭を抱えていた。なつは、坂場の仲に対する態度が悪いことを仲に詫びる。

   なつ「いつも失礼ばかりですみません」

   仲「なっちゃんが謝ることじゃないよ。それよりも、彼らのやっていることが正しいのか、新しいことなのか。実はわからなくなっちゃってね。自分のアニメーターとしての限界を感じて、悔しいって思いもあるしね」

   なつ「仲さんが悔しがる必要はありませんよ」(NHK総合あさ8時)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CAST テレビウォッチ
アクセスランキング
  1. 菅義偉は疲労の極に達している。主な要因はコロナ対策と経済回復を同時にやろうとする菅を忖度しない尾身茂分科会会長だ。官邸スタッフは「政府の組織なのだからこっちの意向に沿って発言しろ、と。ところが尾身さんは無視して危機を訴える。総理は怒っていますが、下手に圧力をかければ学術会議の二の舞になるのでイライラが募っている」という
  2. 学校の健康診断で「上半身裸」になることが問題に!医師は3つの理由があるというが、立川志らくは「裸のまま移動する必要あるの?」
  3. 「エール」最終回コンサートに感動の渦!「本物の紅白でもやってほしい」「みなさん歌が上手でビックリ」「岩城さんのイヨマンテ、マジ凄すぎる」
  4. <エール>(最終回・11月27日金曜放送)
    まるでカーテンコール! 「エール」の人気キャラクター勢ぞろいでコンサート。紅白歌合戦さながら特別編のプレゼント
  5. 安倍晋三の「桜を見る会」事件が永田町を震撼させている。東京地検特捜部が安倍の事情聴取に踏み込むのか、特捜部にその"覚悟"があるのかに注目が集まる。しかし、ポストによると同じ疑惑の構図が菅義偉にもあるという。官房長官時代に毎年横浜のホテルで開いていた「菅の春の集い」がそれだ。
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中