2019年 11月 15日 (金)

N国党はわけあり物件を集める? 「戦争発言」丸山議員入党のあとは「秘書暴行」石崎議員にもエール

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   「念願かなったといいますか、ドラフト会議で希望の選手を獲得した監督のような気持ちです」

   「NHKから国民を守る党」(N国党)の代表、立花孝志氏(51)は満面の笑みを浮かべてこう語った。北方領土返還をめぐる「戦争」発言が問題になり、日本維新の会から除名処分を受けた丸山穂高衆院議員(35)ときのう29日(2019年7月)に会談し、丸山氏のN国党への入党が発表された。2人はテレビカメラの前で握手しポーズをとった。

tv_20190730110221.jpg

「ドラフトで希望選手を獲得した監督のような気持ち」

 

   立花氏は、丸山氏を「いわゆる非常にポテンシャルが高い。みなさんが思っているよりも非常に素直で、実直な方だという印象です」と高く評価。「戦争」発言についても「マイナスにマイナスをかければプラスになります。待ってます」とツイッターでラブコールしていた。

   N国党は受信料を払った人だけがNHKを視聴できるようにするスクランブル放送の実現を主張し、「NHKをぶっ壊す」と訴え、立花代表が当選、これにより衆参2議席になった。丸山氏は「NHKのスクランブル放送を実現するという、この一点で共闘する。そのほかの政策については一切自由だ」と強調した。

   N国党はNHK番組の「日曜討論」に出演したいと考えているが、その出演条件は得票率2%以上、かつ所属議員5人以上となっている。得票率は獲得したが、議員数はまだ不足だ。立花氏は丸山議員だけでなく、元秘書への暴行疑惑が報じられている自民党の石崎徹衆院議員、元「みんなの党」の渡辺喜美参院議員ら12人の国会議員に呼び掛けている。

 

   司会の小倉智昭「どんなふうに見ていましたか」

   政治ジャーナリストの田﨑史郎氏は「わけあり物件を集めているような感じがしました。さらに3人ぐらい入党の可能性があります」と見ている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中