2020年 11月 30日 (月)

月刊「幼稚園」大人も遊びたくなる本物そっくり付録――ちゃんと動く銀行ATMや回転寿司

あなたの加入保険は宝の山!?見直し相談で余分な保険料大幅カット!

   月刊の幼児誌「幼稚園」の付録がすごい。本物そっくりのセブン銀行のATMがペーパークラフトで組み立てられ、暗証番号を入力するボタンや画面、防犯カメラや下ろしたお金を入れる封筒、カップホルダーまで忠実に再現されているだけでなく、電池とモーターが内蔵され、おもちゃのお札を出し入れできるのだ。ネットでは「大人だけど、すごくほしい」「本物かと思った」と話題になっている。

企業とコラボで企画

tv_20190801125320.jpg

   発行元の小学館「幼稚園」編集部の大泉高志さんは、「お子さんが触りたいのに触らせてもらえないものを付録にした」と話す。1931年創刊と古いが、最近は企業とコラボした紙で作る付録が人気になっている。無添くら寿司と企画した「かいてんずし つかみゲーム」(2018年9月号)は、モーターで回転するボードに乗った寿司を箸でつまんで皿にとるゲーム。江崎グリコとの「セブンティーンアイスじはんき」(2019年7月号)は、本物そっくりの自販機のボタンを押すと、これまた本物そっくりの紙製のアイスが取り出し口から出てきた。

   司会の国分太一「クオリティ高いですね」

   堀尾正明キャスター「子供には組み立てられないから、親が組み立てて一緒に遊ぶのもいい。実物のお金出てきたらもっといい」

   こうなると、気になるのが次号の付録。大泉さんは「今回のATMと同じくらいビックリするようなものを仕込んでいます」

文   バルバス| 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CAST テレビウォッチ
アクセスランキング
  1. 菅義偉は疲労の極に達している。主な要因はコロナ対策と経済回復を同時にやろうとする菅を忖度しない尾身茂分科会会長だ。官邸スタッフは「政府の組織なのだからこっちの意向に沿って発言しろ、と。ところが尾身さんは無視して危機を訴える。総理は怒っていますが、下手に圧力をかければ学術会議の二の舞になるのでイライラが募っている」という
  2. 「エール」最終回コンサートに感動の渦!「本物の紅白でもやってほしい」「みなさん歌が上手でビックリ」「岩城さんのイヨマンテ、マジ凄すぎる」
  3. 安倍晋三の「桜を見る会」事件が永田町を震撼させている。東京地検特捜部が安倍の事情聴取に踏み込むのか、特捜部にその"覚悟"があるのかに注目が集まる。しかし、ポストによると同じ疑惑の構図が菅義偉にもあるという。官房長官時代に毎年横浜のホテルで開いていた「菅の春の集い」がそれだ。
  4. 唐沢寿明「24 JAPAN」人気上昇。本家「24」知らない人は「こんなにハラハラドキドキするドラマはない」。本家ファンも「色々ツッコミ所はあるが、頑張っているから最後まで見る」
  5. 携帯電話の料金値下げはいつから?専門家は「来春まずドコモから。他の2社はドコモに合わせて1か月後。ただし2割程度」と予想
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中