2019年 8月 17日 (土)

<これは経費で落ちません!/第2話「落とす女、落とせない女の巻」>(NHK総合)
インチキ請求見抜く経理・森若沙名子がピンときた花形広報女子の高級カメラ40万円!夫へのプレゼントじゃないのか

印刷
ロート製薬『セノビック』500円モニター募集!

   横浜市に本社のある石鹸メーカー「天天コーポレーション」に勤務するアラサー経理部員・森若沙名子(多部未華子)は、経費として回されてくる領収書や請求書のウラに隠されたウソをたちまち見抜く。嘘やごまかしがあれば、相手が誰だろうと「これは経費で落ちません」と突き返す。

CM撮影用というが、なぜ制作会社が用意しなかったのか

   広報課員・皆瀬織子(片瀬那奈)は、商品PRビデオに出演するなど会社の広告塔でもあることをいいことに、高級なブランドものを買っては経費として落としてきた。この日、皆瀬が経理部に持ってきたのは、「ブラウス6600円」「ワンピース87000円」、さらに「デジタル一眼レフカメラ400000円」という領収書だった。

   カメラはCM撮影用に購入したと言うのだが、制作会社が用意すべき機材を広報課で購入したことに、森若は納得がいかない。そんな折、女子会に出席した森若は、近くのレンタルビデオ店の従業員が皆瀬の夫だと気づく。高級カメラとそのことは何か関係があるのか。しかし、社員のプライバシーに立ち入るのは経理部員の仕事ではない。

   営業部の若手エース・山田太陽(重岡大毅)のしつこい誘いに乗って、森若は「一度ゴハンに行きます」と約束しちゃったけど、大丈夫か。

   媚びないイメージにツンとした多部はぴたりで、制服姿も似合っている(2019年8月2日よる10時放送)

寒山

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中