2019年 11月 21日 (木)

「モーニングショー」斎藤ちはるキャスター 番組中に生歌・生ダンス「ぐるぐるカーテン」さすが元乃木坂46

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   テレビ朝日系の朝のワイドショー「羽鳥慎一モーニングショー」(月~金あさ8時)のアシスタントキャスターの斎藤ちはるアナが、番組中に生歌と生ダンスを披露して、スタジオ中が大喜びとなった。斎藤は乃木坂46の元メンバーだ。

   吉本興業のタレント養成所「NSC」の合宿でダンス練習があり、課題曲が乃木坂46のデビュー曲「ぐるぐるカーテン」だったと伝えられると、司会の羽鳥慎一が「どうです? 頼んでいいですか」と斎藤に水を向けた。断ると思われたが、「いまですか? いいですよ、全然大丈夫です」とカメラの正面に出てくるではないか。バックに音楽がかかると、斎藤は現役時代のように踊りだし歌い始めた。

玉川徹「ずっと見たかった」と感涙

   コメンテーターたちからは「すげえ」「乃木坂だあ」と声が上がる。玉川徹(テレビ朝日コメンテーター)はもう興奮していて、「歓迎会とかやったけど、こういうことはやらせちゃいけなんだろうと。パワハラだからだめなんろうと。見たかったんです、ずっと。見たかったけど、一切要求しなかった。やっと見られた」と、珍しく満面笑みで、グズグズになっていた。(テレビウォッチ編集部)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中