2019年 8月 23日 (金)

アラサーの女心をえぐる、だって? 鈍感バカ女と姉の鈍感バカ夫。純愛が聞いてあきれる知恵のなさ
<偽装不倫 第4回>(日本テレビ系)

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   杏による杏のための杏だらけドラマ。あん?(意味不明)。つまり、有名俳優の娘で、筆者はあまり美人だとは思わないが、一般的には美人ということになっている、めちゃくちゃスラリと背が高くてモデル体型の、杏を、年齢から言ってウブな純愛は使えないので、婚活を3年やっても上手くいかない不器用女に設定した。

   姉・葉子(仲間由紀恵)はハンサムな夫・賢治(谷原章介)がいるのに、ピンク頭の若いボクサー・八神風太と本物の不倫をしていて、妹の鐘子(杏)は批判していた。ところが、福岡への旅の途中で隣席の男・伴野丈(宮沢氷魚)に、姉の結婚指輪で既婚者と思われ、旅先のアバンチュールに誘われ心ならずも偽装不倫の身となる。

   第4回は、「銀河鉄道」をなぞって東北に行こうと誘われた伴野に、東京駅まで賢治と車で同乗したために、伴野に夫連れと誤解されてしまうドジをやる。折角作った弁当も1人で食べる羽目になって、トボトボと帰宅。「アラサーの女心をえぐる」と新聞の連ドラ記者座談会でえらく褒めてあったが、この記者の目は節穴か!

   既婚者に間違われる1件でも、姉の夫を自分の夫として写真を見せてしまう1件でも、「お前は幼稚園児か」と笑いたくなる知恵のなさ。賢治は葉子との結婚記念日にレストランに誘った妻から、不倫相手の見舞いのために途中で退席されてしまう。人のいい夫を絵に描いたような男だが、『妻の浮気』を気付かない鈍感バカ男。鈍作。(放送2019年7月31日22時~)

(黄蘭)

採点:0
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中